2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
いよいよ
3泊4日、ニース旅行から帰ってきました。
今回の旅もスイス同様、お天気に恵まれ、
ニースを中心に、お気に入りの町をいくつか回ってきました。
DSC_1880.jpg

ここで旅の記録を書きたいとことですが、
帰国を目前に控え、それどとろではなくなってきたので、
また時間を見つけて、追々書こうと思います。

さて、いよいよ日本帰国まであと3日となりました。
帰国が決まってから3カ月、あれよあれよと毎日が過ぎ、
あっという間にここまで来てしまった感じです。
まだまだ残っている引越しの準備もラストスパート、
今週末で本気で一気に片付けないといけません。

今日は、日本に帰ってからのお話を少しさせていただきます。

2011.01.28 Fri 23:04
8カ月
早いもので明日で、Aitoは8カ月になります。
身長71.5cm(+1.5cm)、体重9kg(+200g)、
ずっしりと重みを感じるようになってきました。
たったの8カ月で、すでに誕生時の約3倍の体重、
あっという間にここまで成長しちゃいました。

今ではすっかりたっちもおてのものとなり、
こうやってつかまり立ちして遊んだり、
手を引いてもらいながら歩くのが楽しくて仕方ないAitoです。
新年早々お披露目してくれた、一人で立ち上がることも、
今ではすっかり上手にできるようになりました。
DSC_1850.jpg

下の歯2本に加えて、上の歯も3本うっすらと見えきて、
最近はそのためにむずがゆいのか痛いのが、ぐずることもしばしば。
下の歯2本だけでも、ずいぶんと上手に食べるようになり、
先日、外出先でバナナをそのままあげてみたら、
少しずつ自分でかじりながら食べれて、ちょっとビックリでした。
DSC_1630.jpg

喃語もずいぶん増えてきました。
それに、意思表示も少しずつするようになって、
だんだん人間らしく(?)なってきました。
抱っこしてほしいときや、何かほしいものが目の前にあるときには、
手をのばして、訴えかけてくるようになりました。

今月は、たくさん旅行にも出かけて、
色んなものを見て、たくさんの人に出会いました。
まだまだ小さなAitoの記憶には残ることはないと思いますが、
心のどこかに残ってくれているといいな。
DSC_1417.jpg

ブルターニュでは、おじいちゃん&おばあちゃんと、
しばりのお別れをしてきました。
DSC_1762.jpg

実家の家族が営むパン屋さんでは、
もの珍しそうにパン屋やお菓子を作る様子を眺め、
その様子におじいちゃんも嬉しそうでした。
DSC_1750.jpg

フランスからのAitoの成長の記録は、これで最後。
なんだか未だに実感がわかない私ですが。
日本では私も仕事を始めるので、その間は両親にAitoをあずけ、
これからは仕事と子育ての両立生活になります。
これまでのように常にAitoと一緒でなくなるのは、
寂しいような気もするけれど、
バランスよく両立していけるよう、やっていきいたです。


2011.01.25 Tue 00:47
スイスへの旅
先週末、2泊3日でスイスへ行ってきました。
これまでnicoと出かけた数少ない旅行では、
あまり天気に恵まれたことがなかったけれど、
今回は3日間とも見事な晴天に恵まれました。
どうやら、Aitoが晴れ男なようです。
DSC_1620.jpg

今回の滞在先は、アメリカ人の友人夫妻が住む、
ジュネーブから車で15分ほどの、NYON(ニヨン)という町。
友人夫妻にしっかりとお世話になりながら、
のんびりとスイスやフランスの町を訪れながら、
子連れにはちょうどよいゆったりペースで楽しんできました。

まずは、友人夫妻の住む町、
レマン湖を望む、ニヨンのことから。
DSC_1405.jpg

シャトーを抜けると、レマン湖が目の前に広がっています。
DSC_1406.jpg

レマン湖の向こうは、フランスのアルプス山脈。
DSC_1408.jpg

ニヨンの町は、小さいけれど、
のんびりお散歩するにはいい感じの、
とっても穏やかで素敵な町でした。
DSC_1430.jpg

お散歩は常に、友人の愛犬ハニーも一緒。
どこでもリードなしでちょこちょこ歩き回る、
自由をこよなく愛するハニーです^^
DSC_1462.jpg

2011.01.23 Sun 21:49
最後のレッスン
3年前に始めたカルトナージュのレッスン、
私のフランス生活に、大きな変化を与えてくれました。
これまで手作りと言えば、お料理やお菓子、パン以外の、
手芸や工作といったことは、完全に苦手分野でした。
それが、カルトナージュを始めたことで、
手作りの面白さを発見し、新たなことに興味がわくようになり、
刺繍をやってみたり、ミシンを使ってみたり、
自分でも信じられないくらい、手作りに目覚めたのです。

はまるととことんはまる性分の私は、
最初の1年はものすごい勢いで作ってましたが、
その後はほどほどのペースで、それでも滞ることはなく、
日常の一部になっていたカルトナージュ。
Aitoが生まれてからも、先生の協力と他の生徒さんのご理解のおかげで、
こうして続けてこられましたが、日本に帰ったら仕事も始まるので、
カルトナージュをやる余裕はしばらくなくなりそうです。

なので、先日の最後のカルトナージュのレッスンは、
これでしばらくカルトナージュともお別れなんだぁと思うと、
名残惜しくて仕方ありませんでした。

最後はちょっと欲張って、2作品を同時進行しました。
大作を最後の記念に作りたかったのですが、
時間も限られてきてしまったので、簡単な2品ですが。

まず、フォトフレームの箱。
こちらは、初心者でもできる作品だそうですが、
柄合わせを楽しめるし、初心に戻った気持ちで作りました。
DSC_1788.jpg

ポストカードサイズのフレームの下は、箱になってます。
サイドとフレームの内側は、リバティです。
DSC_1791.jpg

もうひとつは、5面体の蓋の小箱。
DSC_1781.jpg

この蓋、1枚の紙から出来ています。
数式を使って作るので、けっこう頭使います。
DSC_1779.jpg

ずいぶん前に買ったきり、
そのまま眠っていたリボンを使ってみました。
リボンを生かすため、布はシンプルに。
DSC_1786.jpg

カルトナージュの技術はもちろんのこと、
楽しさを教えてくださったY先生には、
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!!!




2011.01.21 Fri 21:58
ショコラなランチ
昨晩、スイスから戻りました。
1月とは思えない暖かな気候と、雲ひとつない晴天に恵まれ、
とっても楽しい3日間を過ごしてきました。
その思い出は、また後日ゆっくりと書こうと思います。

さて今日は、Aitoの誕生をきっかけに仲良くなった、
パリのママ友&そのbebeたちとみんなで、
しばしのお別れになる前、最後のランチをしてきました。
先日ガレットを買いに行って以来気になっていた
Un Dimanche a Paris ” のレストランで。

アミューズ、ベットラーブのガスパチョ。
カカオ入り生クリーム、マダガスカルのショコラと。
ベットラーブの味はほんのり程度だったけれど、
美味しいガスパチョでした。
DSC_1681.jpg

ガスパチョにショコラ?と思われたことでしょうが、
ここのお料理には、全てショコラが入っているのです。
ショコラティエのレストランですからね。

2011.01.18 Tue 22:41
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。