2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
ジビエの季節
今年もジビエの季節がやってきました。
去年の今頃はつわりだのなんだので、
フレンチを一切受け付けられなかったので、
今年はジビエを楽しむぞ?と意気込んでいた私であります。
それに、Aitoが生まれてからというもの、
ランチに出かけることはあっても、
夜、食事に出かけることはほとんどなく、
久しぶりの外ごはんに、ウキウキな私なのでした^^

今夜は、私がキュイジニエとして働いていた時、
とってもx2お世話になった大先輩のTさんと、
nico&Aitoとともに、ご一緒させていただきました。
そのTさん、今はニースで活躍していて、
年明けには自分のお店を出される予定で、
そちらへ訪れるのも、今からとっても楽しみです!

さて、そんな今夜、ジビエを味わいに出かけてきたのは、
ブルターニュ地方の料理を出すビストロ“Chez Michel”。
この季節になると、黒板メニューいっぱいに、
豊富なジビエ料理を出すビストロで、
毎年必ず一度は、ジビエを味わいにここを訪れます。

今夜私がいただいてきたお料理は。。。

前菜は、イチョウガニの身、ゼリー寄せ。
メインのために、前菜は軽めなものを選びました。
DSC_0388.jpg

メインに、マガモのロティ、イチヂク。
お肉もイチヂクも、ものすごい量で、
豪快に美味しくいただきました。
DSC_0393.jpg

デザートに私は、クイニーアマンをいただいたのですが、
Tさんの選んだ、パリブレストのほうが美味しかったので、
写真は、ここのスペシャリテ、パリブレスト。
DSC_0398.jpg

Chez Michel
10 Rue de Belzunce 75010 Paris
tel : 01 44 53 06 20
休み : 土・日・月昼



2010.11.15 Mon 23:26
cafe constant
今日まで4日間、ロンドンからyumiちゃんが遊びに来ていました。
出産直前にも一度、パリに遊びに来てくれたので、
そんなに久しぶり?って感じもしないでの再会でしたが、
やっぱり日本の友だちと、ここパリで会えるのは嬉しい^^
今回の滞在では、モンサンミッシェルに行ったり、
お買い物を楽しんだり、美味しいもの食べたり、
そして、Aitoともいっぱい遊んでくれたyumiちゃんでした。

ちょうどnicoがヴァカンス中なので、時間制限はあるものの、
Aitoをnicoにあずけて、昼間は二人でお出かけできました。
そんなわけで、昨日はゆっくりとランチをしたり、
お買い物を楽しんだりして過ごしました。

ランチをしたのは、カフェ・コンスタン。
カジュアルなながらに、美味しいお料理を出してくれる、
私の好きなお店の1軒です。
昨日は土曜日だったので、お昼のムニュはなく、
アラカルトでいただいてきました。

前菜 : ラングスティーヌのガランティーヌとスモークサーモン、
ニシンのキャビアのソース
P1110261.jpg

メイン : イベリコ豚のコート肉とラタトゥイユ
P1110263.jpg

本当ならここでデザートを、となるのですが、
この後、ラデュレでケーキを食べることにしていたので、
デザートはパスしました。
前菜もメインも、どちらもとっても美味しかったので、
デザートなしでも満足できたし、
yumiちゃんも美味しかった?と喜んでくれたし、
大満足なランチとなりました♪


Café Constant
139 rue Saint-Dominique
75007 Paris
Tel : 01 47 53 73 34
月曜休み



2010.08.29 Sun 23:04
Les enfants rouges
今週の初め、Aitoをnicoに見てもらって、
お友達とランチにちょこっと出かけてきました。
この日行ってきたのは、パリで一番古いマルシェ、
“Marche des Enfants Rouges(アンファン・ルージュ市場)” の
すぐお隣にあるビストロ “Les Enfants Rouges”。
P1100181.jpg

ヴァカンス真っ最中だからか、私たち以外にお客さんはゼロ。
貸し切り状態でのランチとなりました。
P1100191.jpg

いただいたのは、お昼のムニュ(2品16.5ユーロ)。
私たちは、メイン+デセールにしました。

メインには、サーモンのカルパッチョとサラダ。
あまりにシンプルで、ちょっとびっくりしちゃいましたが、
サーモンとっても美味しかったです。
P1100183.jpg

デセールは、レーズンのゼリー。
これもメインと同様、“そのまま”って感じの一品。
夏らしくていいんだけど、このゼリーはちょっと固すぎた。。。
P1100186.jpg

この日、一緒行ったお友達と、
「そういえば、なんで “Les Enfants Rougea” なんだろうね?」
って話になり、ちょっと調べてみました。

「Les Enfants Rouges」、直訳すると「赤い子どもたち」の意味。
16世紀、この場所に孤児修道院が建てられ、
そこの孤児たちが、キリスト教の慈悲を意味する、
赤い色の服を着ていたことにちなんでつけられたそうです。
その後、1777年にこの孤児修道院はシテ島に移され、
その場所が、今のアンファン・ルージュ市場となったようです。


Les Enfants Rouges
9 rue de Beauce 75003 Paris
tel : 01 48 87 80 61
日月休み



2010.07.29 Thu 18:25
L'ourcine
5月とは思えない寒さのパリ、
風が吹いたりしたら、思わず震えてしまうほどです。
もう少し温かければ、パリ観光ももっと気持ちよくできるのに、
と思いながら、今日は伯母ご一行様のパリ案内をしてきました。

パリ観光、初日の今日は、
サントシャペル教会、ノートルダム大聖堂、モンマルトルの丘、
をの?んびりと回り、残りの時間をお買い物、
という感じで一日が過ぎました。

モンマルトルの丘は、日本からだれかが来ると必ず行くスポット。
普通は、下町情緒漂う雰囲気を味わいながら、
モンマルトルの丘をのんびりと歩き、
サクレ・クール寺院の前からパリの景色を楽しむ、
という感じで回るのですが、
今回は、いつもと違うモンマルトル観光となりました。
まず、モンマルトルの丘の麓から頂上まで、
ケーブルカーで一気に上り、テアトル広場をちょこっと見物。
そして、汽車の形をした小さな観光トラムに乗って、
モンマルトルの見どころをゆっくり周遊。
サクレ・クール寺院のを見学し、ケーブルカーで麓に下りる、
という、体力をなるべく使わないコースで。
からだの重たい私には、あの丘陵地を歩くのはしんどいし、
こういうベタな観光もなかなかよかったです^^


一日しっかり歩いた後は、ビストロで夕食。
家庭的な雰囲気で、肩肘張らずに行ける気軽なビストロ、
そんなところに行きたいという希望だったので、
今回は “L'ourcine” に行ってきました。

今夜、私がいただいたものは。。。

前菜 : Veloute cremeux de poissonn de roche,croutons et ciboulette
(お魚のクリーミーなスープ、クルトンシブレット)
P1090081.jpg
今日一日寒くて冷えてしまったからだを温めたくて、
温かい前菜を選びました。
お魚のスープといえば、塩気が強いのが当たり前なのですが、
それでもやっぱり、しょっぱ?いと言わずにはいられない。
美味しいんだけど、塩分がやっぱり気になっちゃいました。


メイン : Joue de boeuf braisees, poelee de legumes d'ete,
jus aux olives noires
(牛ほほ肉の蒸し煮、夏野菜のソテー、黒オリーブのジュー)
P1090083.jpg
牛ほほ肉、最近食べてないなぁと思ってこれにしました。
柔らか?く煮込まれたお肉、とっても美味しかったです。
ただ、これもオリーブからきているのか、塩分強めでした。


デセール : Blanc manger au fromage blanc a la vanille de tahiti,
premires fraises gariguettes
(フロマージュ・ブラン、タヒチ産バニラのブラマンジェ、苺ガリゲット)
P1090089.jpg
ガリゲット大好きな私、ガリゲットがたっぷりで
サービスされた瞬間、にんまり^^
ブラマンジェも苺も美味しかった?。

と、私は美味しくいただいたのですが、
フランスの味に慣れていない伯母たちには、
慣れない食材、食べ慣れない味なんかもあったりしたので、
どのくらい満足してもらえたかどうかは、正直微妙。。。
けど、こういう雰囲気を味わえてもらえただけでも、
パリの思い出ということで、
よかったことにしてもらえればと思います。


L'ourcine
92 rue Broca 75013 Paris
tel : 01 47 07 13 65
日月休み



2010.05.13 Thu 23:18
Bistro Volnay
もうすぐ日本に帰国されてしまうMさんとの最後のお食事に、
kana_cocoさん&akaruisoraさんとランチに出かけてきました。
Mさんとは出会って間もないけれど、その短い間に、
何度も美味しいものを囲んで、楽しい時間を過ごしてきました。
最後となる今回も、美味しいものを食べよう!
と向かった先は、ビストロ “ Bistro Volnay ”。

お店に入ると、ビストロのわりにはシックな雰囲気。
客層も、私たち以外はビジネスマンのみで、
都会のビストロ、といった感じでした。
お料理はお昼も夜も同じで、
前菜・メイン・デセールのムニュ(38euro)のみ、
とビストロにしてはちょっとリッチなお値段ですが、
お店の雰囲気からすると、そんな感じかなといったところ。

今日いただいたきたものは。。。

アミューズ : サバのリエット
P1090050.jpg

前菜 : Morilles blondes des montagne etuvees au naturel,
asperges vertes de Pertuis et oeuf casse
( モリーユ茸の蒸し煮、グリーンアスパラと半熟卵 )
P1090051.jpg
おうちではなかなか味わえないモリーユ、
今が旬のアスパラ、ということでこれを選びました。
温泉卵のような半熟卵とソースをからめて、
美味しくいただきました。


メイン : Filet de bar cuisine a la grenobloise
( スズキのglenoblose(?)風 )
P1090055.jpg
ソースは、アンチョビ、ケイパー、オリーブ、オリーブオイル。
パリッとポワレされたスズキもこのソースも、
とっても美味しかったです。


デセール : Grosse gaufre sevie tiede,
compotee de fruit rouges et sorbet framboise
( 温かい大きなワッフル、赤いフルーツのコンポート、フランボワーズのソルベ )
P1090057.jpg
“大きな” というのに惹かれて頼んだ、食いしん坊な私です。
どんな代物が出てくるのかしら??と楽しみにしていると、
確かに大きいけれど、フランスでは普通サイズ?という感じ。
けど、たしかにデセールとしては大きかったです。
ボリュームはあるけれど、さくっととっても軽いし、
ソースやソルベも酸味のきいたさっぱり味だったし、
ぺろっと食べられちゃいました。


最後にカフェとともに出されたミニャルディーズ(と呼べるのか…?)
これにはちょっとびっくりしちゃいました。
なんと、ボンボン(飴)の山。。。
P1090059.jpg
お料理の質やお値段、お店の雰囲気を考えると、
なんでこれ…?といった感じ。。。
こういのも可愛くていいけど、ちょっとでいいから、
ちゃんと作ったものを出してほしかったな、って感じでした。


楽しいおしゃべりと美味しいお料理とともに、
Mさんとのパリ最後のひとときを楽しく過ごせました。
Mさん、しばらくお会いできなくなってしまいますが、
日本に戻られてもお元気で?!!!
またパリにいらっしゃる機会がれば、
是非また美味しいもの食べに行きましょうね?!


Bistro Volnay
8 rue Volney 75002 Paris
tel : 01 42 61 06 65
土日休み



2010.05.10 Mon 19:11
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。