2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.06.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
citron
ある朝、マルシェにお買い物に行くと、
普段はあまり目に止まらないレモンが、
なぜかその日はレモンに呼ばれているような気がして、
思わずたくさん買ってしまったので、
レモンのコンフィを作ってみました。
P1110384.jpg

このレモンのコンフィを使って、
まずは、レモンのケーキを焼きました。
P1110409.jpg

レシピは、キャトル・キャールを基本に。
生クリームを加えるとレモンの酸味が落ち着くよ、とnicoが言うので、
バターの半量を生クリームに替えて作ってみました。
レモンのコンフィを生地にもたっぷり入れたので、
そのぶん、お砂糖は控えめに。

それに今日のケーキには、南仏コート・ダジュールに行ったお友達から、
お土産にいただいた、レモンのリキュールも少し加えてみました。
マントンという、イタリアに近いレモンで有名な町があって、
そちらに行った際に買ってきてくれたものです。
P1110401.jpg

さらに焼きあがりには、レモン汁たっぷりのシロップを
たっぷりとアンビベして、レモンを染み込ませました。
とここで、こんなにレモンのシロップをアンビベするのなら、
レモンのリキュールの美味しさは消えちゃったかしら?なんて。。。
レモンのリキュールは、またちょっと使い道を考えようと思います。

そして、コンフィには皮しか使わなかったので、
たくさんできたレモン汁を使って、
nicoにタルト・オ・シトロンを作ってもらいました。
P1110355.jpg

たくさん買ったレモンでしたが、めいっぱい活用して、
レモンを存分に楽しんだのでした。


2010.08.31 Tue 21:50
半熟カステラ
先日作った遥穂さんの “半熟カステラ パンデロー”、
半熟にならず、普通のカステラになってしまい悲しい思いをしました。
あれから数日、冷蔵庫にたまっていた卵白もだいぶ使い切ったので、
今日は半熟カステラのリベンジを試みてみました。

今回は、レシピに忠実に従って、お砂糖もグラニュー糖で。
そして、焼成温度をちょっとだけ下げて、時間も3分ほど短くし、
まだ中がふるふるっとする頃にオーブンから出しました。
P1100680.jpg

荒熱が取れたころ、さっそく切り分けてみると、
遥穂さんのパンデローのように、とろ?んとはならなかったけど、
それでも、一応半熟になってました。
この写真じゃ、全然伝わらないと思いますが…。
P1100685.jpg

とろ?り半熟とまでは行かなかったけれど、
しっとり半熟カステラ、そんな感じでした。
次はさらにもうちょっと、焼き時間を短くしてみます。
前回よりはだいぶ半熟に近づけたものの、
完全なるリベンジにはならなかったので、
近いうちまた作ってみようと思います。
私も、半熟とろ?りを味わってみたいですからね^^


さてさて、明日からブルターニュのnico実家へ10日ほど行ってきます。
何をするわけでもなく、のんびりと過ごしてこようと思っています。
せっかく空気のいい田舎に行くので、外でもたくさん過ごしたいし、
お天気に恵まれることを祈るばかりです。
Aitoと美味しい空気を吸いながら、お散歩いっぱいできたらいいな。

そして、nicoはと言えば。。。
nico父&弟が、今年3月にパン屋さんをオープンさせて、
この夏はヴァカンスなしで、忙しく頑張っているようなので、
自分もお店を手伝うと張り切っています。
せっかくのヴァカンスだというのに、自ら働こうと張り切るnico。
家族のお店だから、というのももちろんあるのでしょうけど、
普通の仕事ならともかく、パン屋さんは朝早いし、
休みのときくらい寝てればいいのに、なんて思ってしまう私ですが。
本人がやりたいことなので、止めはしませんが、
根っからの仕事好き&働きものなんだなぁとつくづく感じます。

ブルターニュから戻ったら、お友達が遊びに来て、
その後すぐ、今度は日本から父がやってきます。
そして、そのまま父とともに、私とAitoは日本へ出発!
そんな感じで、明日からしばらくは、
いつもの日常とは違う日々が始まります。
ブログの更新もぼちぼちペースになると思いますが、
どうぞよろしくお願いします!



2010.08.13 Fri 20:29
卵白消費?
先日、卵白消費のために、
フィナンシェとラングドシャを作ったけれど、
それでもまだ卵白が残っているので、
今日もまた、卵白を使ったお菓子を焼きました。

作ったのは、ダコワーズ♪
メレンゲ系のお菓子は、特別好きなわけではないので、
普段はあまり作らないのだけれど、
今日はなぜかダコワーズが食べたい気分だったので^^
P1100556.jpg

バタークリームは、カフェとプラリネの2種類作りました。
けど色が似ていているので、お皿に並べてみたころには、
どっちがどっちなのか途中で分からなくなってしまいました。
なので、どっちが当たるかは、食べてからのお楽しみ。
P1100587.jpg

バタークリームも、卵黄を使うアングレーズタイプや、
パータボンプタイプではなく、
卵白を消費するために、イタメレタイプにしました。
イタメレタイプでバタークリームを作ったのは初めてだったけれど、
ふわっと軽い味わいで美味しかったです。


そしてこちらは、卵白のお菓子ではないけれど、
昨日のデザートに作った、桃のパンナコッタ。
P1100603.jpg

いつものパンナコッタのレシピから、
生クリームの量をちょっと減らして、
白桃のシロップ煮をピュレにしたものを加えたので、
ほんのりピンクがかった色のパンナコッタになりました。
P1100605.jpg

本当は、上にのせた桃のコンポートも白桃で作りたかったのだけれど、
昨日は思いつきで作り始めたので、黄桃しかうちになく、
黄桃のコンポートになったのでした。
けど、見た目も夏らしく、ぱっと明るい感じになったので、
黄桃で最終的にはよかったのかなって感じです^^


2010.08.11 Wed 14:53
卵白消費
冷蔵庫にたまっていた卵白を消費するため、
今日のおやつは、卵白を使ったお菓子を焼きました。
卵白消費と言って思い浮かぶものといえば、
マカロンにフィナンシェ、ラング・ドゥ・シャ、
チュイル、マシュマロ、イル・フロタント、などなど。
今日は、その中でも気軽に作れるお菓子、
フィナンシェとラング・ドゥ・シャを作りました。

まずは、抹茶のフィナンシェ。
最近、なぜだか抹茶のフィナンシェにはまり気味な私。
P1100482.jpg

本当はプレーンと抹茶の2種類を作る予定をしていて、
途中まで一緒に生地を作り、最後に2つに分けて、
まずはプレーンを仕上げ、次に抹茶を仕上るつもりでいたのですが、
すでに薄力粉も入って出来上がっているプレーンの方に、
間違えて薄力粉&抹茶を入れてしまい、
結局、抹茶のみになってしまったのでした。

続いて、ラング・ドゥ・シャ。
フランス語で「猫の舌」を意味するこのお菓子、
シンプルな材料で簡単にできる、
私もnicoも大好きな、さくっと軽いクッキー。
P1100452.jpg

焼きあがったものをつまんでいるうちに、
ここにホワイトチョコを挟んだら、
“白い恋人” になるじゃ?ん、と思い、
ホワイトチョコのガナッシュを作って挟んでみました。
P1100504.jpg

ラング・ドゥ・シャだけだと、ついつい食べ過ぎてしまうけれど、
“白い恋人” バージョンにすれば、ちょっとで満足できるので、
美味しいし食べ過ぎ防止になるしで、一石二鳥^^
P1100490.jpg

卵白だけなら、コレステロールの心配もいらないし、
つい冷蔵庫にたまってしまいがちな卵白だけれど、
それで美味しいお菓子がいっぱいできるから便利。
それに、こういう小さな焼き菓子を作っておくと、
ちょっとお茶と一緒に一口ってときにちょうどいいし、
また卵白ためちゃおっかな^^


2010.08.09 Mon 00:03
カステラ
おやつにカステラを作りました。
日本では美味しいカステラが気軽に手に入るけれど、
フランスではもちろん買うことはできないので、
食べたくなったら自分で作るしかありません。
たまに無性に食べたくなることがある私は、
パウンド型で作ったりしています。

今日は、いつものカステラではなく、
素敵なお菓子を作られる遥穂さんのブログを拝見して以来、
気になっていた 、半熟カステラ “パンデロー”
を作ってみることにしました。
卵でも何でも、“半熟” というものに弱い私は、
ず?っとこの半熟カステラが食べてみたかったんです。
P1100399.jpg

うまく焼けたじゃ?ん、と満足気味な私、
そろそろ冷めたころだし、さっそくいただいてみようかしら、
とナイフを入れてみると。。。

ガ?ンッ!!!半熟じゃない?!!!
しっかり火が入って、普通のカステラになってる?(爆)。
P1100416.jpg

うちのオーブンが強すぎるのか、
オーブンから出してしばらく、崩れすのが怖くて、
型に入れたままにしておいたので、
その余熱で中まで火が入ってしまったのか…。
後者の可能性が高いと思われますが。
それにしても、楽しみにしていただけに悲しすぎる。。。
ちなみに、色が茶色っぽいのは、カソナードで作ったからです。

半熟にならなかったのは、残念だったけれど、、
それでも、普通のカステラとして、美味しくいただきました。
失敗すると悔しいので、すぐにリベンジしたくなる性分な私ですが、
冷蔵庫に卵白がありすぎるので、その卵白を使ったら、
またリベンジしてみようと思います。
今度こそ、ふんわりとろ?り半熟カステラ、絶対食べたい!



2010.08.06 Fri 18:37
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。