2017.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.06.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
最後のレッスン
3年前に始めたカルトナージュのレッスン、
私のフランス生活に、大きな変化を与えてくれました。
これまで手作りと言えば、お料理やお菓子、パン以外の、
手芸や工作といったことは、完全に苦手分野でした。
それが、カルトナージュを始めたことで、
手作りの面白さを発見し、新たなことに興味がわくようになり、
刺繍をやってみたり、ミシンを使ってみたり、
自分でも信じられないくらい、手作りに目覚めたのです。

はまるととことんはまる性分の私は、
最初の1年はものすごい勢いで作ってましたが、
その後はほどほどのペースで、それでも滞ることはなく、
日常の一部になっていたカルトナージュ。
Aitoが生まれてからも、先生の協力と他の生徒さんのご理解のおかげで、
こうして続けてこられましたが、日本に帰ったら仕事も始まるので、
カルトナージュをやる余裕はしばらくなくなりそうです。

なので、先日の最後のカルトナージュのレッスンは、
これでしばらくカルトナージュともお別れなんだぁと思うと、
名残惜しくて仕方ありませんでした。

最後はちょっと欲張って、2作品を同時進行しました。
大作を最後の記念に作りたかったのですが、
時間も限られてきてしまったので、簡単な2品ですが。

まず、フォトフレームの箱。
こちらは、初心者でもできる作品だそうですが、
柄合わせを楽しめるし、初心に戻った気持ちで作りました。
DSC_1788.jpg

ポストカードサイズのフレームの下は、箱になってます。
サイドとフレームの内側は、リバティです。
DSC_1791.jpg

もうひとつは、5面体の蓋の小箱。
DSC_1781.jpg

この蓋、1枚の紙から出来ています。
数式を使って作るので、けっこう頭使います。
DSC_1779.jpg

ずいぶん前に買ったきり、
そのまま眠っていたリボンを使ってみました。
リボンを生かすため、布はシンプルに。
DSC_1786.jpg

カルトナージュの技術はもちろんのこと、
楽しさを教えてくださったY先生には、
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました!!!



スポンサーサイト

2011.01.21 Fri 21:58
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。