2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
galette des rois
フランスで新年を感じるものと言えば、
ガレット・デ・ロワ。
ガレット・デ・ロワを食べると、
今年も一年が始まるんだなぁ、という気になります。
フランスで迎える新年もこれで最後になりそうな私は、
今年はこれまで以上に、ガレット・デ・ロワを食べることに、
意気込んでいるのであります。

まず第一弾は、“ Sadaharu AOKI ” の抹茶のガレット。
毎年出ているこの抹茶のガレット、
今まで何となく食べる機会がなかったので、
抹茶好きの私は楽しみにいただきました。
DSC_1150.jpg

中は、抹茶のフランジパーヌと小豆。
抹茶は、見た目の色ほどの味は感じられなかったけれど、
小豆と抹茶という、日本の味を楽しめました。
フォイユテは軽めでした。
DSC_1175.jpg

フェーブは、“ bonbons chocolat ” のフェーブ。
最初のフェーブを当てたのは、nicoでした?。
DSC_1192.jpg

けど、クーロンヌをかぶるのはAitoの役目^^
訳わかっていないけれど、無理やりかぶせる親なのでした。
DSC_1169.jpg

続いて、“ Jaques GENIN ” のガレット。
ミルフィーユがあれだけ美味しいのだから、
ガレットが美味しくないはずないでしょ?、
ということで食べてみたかったのです。
DSC_1177.jpg

焼きたてを買ってきてくれたので、
まだ温かさが残っていて、食べごろでいただけました。
切る前からバターの香りが漂っていい感じ。
一口食べると、今度はフランジパーヌのラム酒が香り、
フォイユテも、期待通り美味しい。
しっかりとバターが香る、けれど重くない、
とっても美味しいフォイユテでした。
DSC_1180.jpg

このガレットは、6等分して5人で食べたのだけれど、
フェーブは残りの一切れに入っていて誰にも当たらず。
フェーブはなぜか像さん、オリジナルのフェーブを
期待していただけに、ちょっとだけがっかり…。
DSC_1190.jpg

またしても、クーロンヌをAitoにかぶせて記念撮影。
DSC_1184.jpg

次はどこのを食べてみようかな。


スポンサーサイト
2011.01.04 Tue 21:40
NO TITLE
やっぱりフランスは一味違いますねぇ~日本とは違いガレットの完成度がすごい気がする。それにしても赤ちゃんかわいいです!
FROM:カフェマニア1205 URL 2011.01.05. Wed 03:39 [EDIT]
カフェマニアさま
日本のガレットを見たこと&食べたことがないので、
比較はできないですが、本場なだけあって、
フランスのガレットのレベルは高いのでしょうか。
日本のガレット、食べてみたいです。
日本はフェーブが別なんですよね。
食べる前にフェーブが見えてしまうのが残念ですよねぇ。
そして、赤ちゃん可愛いと言っていただけて嬉しいです^^
ありがとうございます。

FROM:nonnon URL 2011.01.05. Wed 22:06 [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。