2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
ベルサイユ宮殿
お天気に恵まれたある一日、
はるみちゃんとベルサイユ宮殿を訪れました。
DSC_0230.jpg

久しぶりに訪れたベルサイユ宮殿、
贅を尽くしたきらびやかな装飾には、
何度来ても、ため息が出るばかりです。
DSC_0267.jpg

ですが、今回はいつもと違う趣の宮殿を、
少し驚かされながら巡ってきたのでした。


宮殿に入ってすぐの王室礼拝堂、
※マリー・アントワネットとルイ16世の挙式の場
高い天井に描かれた絵が素晴らしい、豪華な礼拝堂です。
DSC_0235.jpg

王室礼拝堂を過ぎ、最初の部屋、
豊穣の間に足を踏み入れると、
ものすごいオブジェが目に飛び込んできました。
DSC_0245.jpg

見たことのある風合いの作品だなぁ、と思われたでしょう。
そう、こちらは村上隆氏の作品。
今だけ、ここベルサイユ宮殿では、
村上隆氏の作品展が行われているのです。
宮殿のいたるところに、計22点の作品が展示してあります。
DSC_0253.jpg

ベルサイユ宮殿の一番の見どころ、絢爛豪華な「鏡の回廊」、
ここだけは、回廊の最後に展示されていたので、
なんとか普通に観賞することができました。
DSC_0269.jpg

なぜここで展示するのか、私には理解出来ない。。。。
彼の作品を否定しようとは思いませんが、なぜここに。。。
フランスでも当然、反感の声も強いようです。
DSC_0273.jpg

ちょっと異色な宮殿を見たあとは、
建築家ル・ノートル氏が手がけた庭園へ。
ですが、残念ながらこの日は、
庭園には入ることができませんでした。
DSC_0284.jpg

今回はゆっくりとしている時間もなく、宮殿のみで、
プティ・トリアノンやグラン・トリアノンまでは、
行かなかったけれど、気候のよい季節には、
プティ・トランに乗って、奥まで訪れると、
ベルサイユ宮殿をさらに楽しめておすすめですよ?。

スポンサーサイト
2010.10.27 Wed 16:02
NO TITLE
ベルサイユ宮殿、いつか行ってみたいわー!

しかし村上隆は合わないね。
なぞ・・・。
FROM:nao URL 2010.10.27. Wed 13:21 [EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
FROM:  2010.10.27. Wed 15:56 [EDIT]
naoへ
そっか、まだnaoベルサイユ宮殿、行ってなかったね。
村上隆、本当なぞだよね。。。
バッシングもそうとうありそうだけど、
そういうのにも慣れてるんだろうね。
FROM:nonnon URL 2010.10.27. Wed 21:10 [EDIT]
はるみちゃんへ
充実した10日間を過ごせたようで何より^^
私もとっても楽しかったよ。
是非x2、パリへまた戻ってきてね!
そして、おみやげ喜んでもらえたようでよかった!
頑張って無理してでも持って帰った甲斐があったね。
それにしても、チーズって日本では本当に贅沢品なのね。
私も今のうちにしっかり堪能しておかなきゃ。
FROM:nonnon URL 2010.10.27. Wed 21:15 [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。