2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
ile flottante
スフレに続き、バニラを楽しみたくて作ったデセール、
“醇ale flottante(イル・フロタント)”。
イル・フロタントとは、「浮かぶ島」という意味。
フランスの定番デセールのひとつで、
クレーム・オングレーズに、メレンゲを浮かばせたもので、
その見た目からこう呼ばれているんですね。
P1070600.jpg


このメレンゲ、お湯で茹でてあります。
メレンゲがそんなに好きでない私は、
滅多に食べないデセールなのですが、
こういうシンプルなものと合わせれば、
クレーム・オングレーズが引き立つかなぁ、と思って、
おうちで初めてを作ってみました。
バニラの香りがほんのり甘く香るクレーム・オングレーズに、
甘さ控えめのメレンゲ、シンプルに美味しくできました。


ついでに、今日は夜ごはんも紹介します。


前菜は、昨日の残りのピぺラードのココット。
P1070589.jpg

ピぺラードとは、バスク地方のお料理で、
パプリカと、玉ねぎ、にんにく、トマトを炒めたものに、
“piment d’Espelette(エスプレットの赤とうがらし粉)”で
香りと辛みを付けて煮たもの。
P1070617.jpg

ここに溶いた卵を入れて、オムレツ(卵とじ?)にして食べたり、
ソースとしてお肉なんかにかけたり、応用のきく便利な一品。
それに何より、お野菜たっぷりなのが嬉しい。
今日は、オムレツをヒントに、卵をひとつ落とし、
チーズを少しかけて、ココットにしてみたのでした。


ちなみに、昨日食べたのはこちら。
鶏胸肉のピペラードソース。
付け合わせは、キヌアです。
P1070613.jpg


そして、こちらが今夜のメイン。
sole(舌平目)のハーブクルートのせ、ジロール茸のソテー。
P1070594.jpg

今日はお魚屋さんで、舌平目が目に止まったので買ってみました。
お魚を買うと、パセリをつけてくれるので、
そのパセリとバター、パン粉でクルートにしました。

ソースは、舌平目の骨でとった、
フュメ・ド・ポワッソンで作ったシンプルなソース。
シンプルが一番美味しいです。

そして、秋の深まりとともにやってくるのがきのこ。
ちらほら、ジロール茸が出始めています。
今年初のジロール茸を買ってきたので、
付け合わせにソテーにしました。

スポンサーサイト
2009.09.20 Sun 22:27
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。