2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
オランダの生地屋さん
今回のオランダ旅行では、
生地屋さんや刺繍のお店をたくさん回ってきました。
断然パリのほうがお店の数も多いし、規模も大きいのですが、
オランダらしい柄のものや、オランダの生地を探すべく、
小さなお店の数々をあちこち行ってきました。
P1070300.jpg
↑↑↑Utrecht(ユトレヒト)にある、“in de nijvere conste” という刺繍のお店



まずは、アムステルダムで行ってきたお店から。。。


小さな生地屋さんがいくつかあるという、アルベルト・カイプ通り。
毎日マルシェの立つ賑やかな通りで
食料品から日用品まで、様々なスタンドがひしめいていました。
P1070155.jpg

スタンドの後ろも全てお店で、
そこに、小さな生地屋さんがいくつか入っています。
その中でもわりと品揃えが豊富な、
De Boerenbonthal ”という生地屋さんで、
今、カルトナージュのレッスンで制作中の箱に使おうと、
それをイメージしながら、オランダっぽい
可愛らしい生地をいくつか購入。


続いて、“DEN HAAN & WAGENMAKERS BV
高級感ある素敵なオリジナルの生地を作るこのデン・ハーン、
お値段も少しはりますが、それだけの価値のある素材感と模様。
ここでもカルトナージュ用に生地購入です。


このデン・ハーンのお隣にも、パッチワークの生地屋さんがあるので
覗いてみましたが、私の趣味にはちょっと合わない感じだったので、
ここはさ?っと見るだけでした。

他にも、あと1軒生地屋さんに行ったのですが、
何というお店だったのか覚えていないし、
生地を触ると起る怖?いおじさんがいて、
印象もよくないし省略。。。

生地屋さん以外では、“Kerkhof(ケルホフ)”、
というタッセルの専門店にも行ってみました。
ここでしか出会えないような、素敵な色合いのタッセルが
所狭し並んでいました。
タッセル以外にも、たくさんのリボンもあって、
私はここでリボンを少し買いました。


ほかにも、アムスでは紙屋さんにもいくつか寄りましたが、
紙はフランスのものが多かったです。


続いて、ユトレヒトで出会った、
とっても素敵な刺繍のお店 “in de nijvere conste”
可愛いおばあちゃんが一人でやっているっぽいこのお店には、
オランダらしい柄のものをはじめ、フランス、デンマークなど、
色々な刺繍キットが揃っています。
“permin if copenhagen”というデンマークのシリーズのひとつに、
大好きなベージュ色ベースの淡?い感じの、
色も模様も、思いっきり私好みのキットがあったので、
普段キットは買わない私ですが、思わず買ってしまいました。
しかも、59×45cmというなかなかの大作。
のんびり気長にやって行こうと思います。
P1070292.jpg


ユトレヒトでは、生地屋さんも1軒見つけました。
Carol Cox” というお店で、セレクトショップ的な感じでした。
アムスで見たいくつかのお店のものが少しずつあったり、
日本からの生地、イギリスROWANなど、色々なものが揃っています。
見ると欲しくなる私、ここでも少し生地購入。


と、こんな感じで、たくさんのお店を巡り、
またしてもたくさんの生地を買ってしまった私です。
すでにいつ使いきれる日がくるのだろう、
という生地をストックしているにも関わらず、
新しいものを目にすると、ついつい買ってしまう。。。
買ったからには、作りますよ!カルトナージュ!
刺繍もカルトナージュも並行して、がんばらねば!!!



スポンサーサイト
2009.09.12 Sat 08:55
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。