2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
Chez Michel

今夜は、待ちに待ったジビエを食べに行ってきました。
シェ・ミッシェルは、ブルターニュの地方料理を出すビストロですが、
ジビエの季節になると、ジビエを美味しく出すので評判なのです。
今夜は料理人のみなさんとのお食事だったので、
メニューの解説も完璧にしてもらい、
存分にジビエを堪能してきました。

そして、お料理ですが…。
まず、これはアミューズです。
名前はわかりませんが、小さな貝です。
なにを撮りたかったかというと、お魚さんのピック。
ブルターニュらしくて、可愛いですよね。
20071204105627.jpg


前菜です。
“ジビエのパイ皮包みのパテ ジロール茸のヴィネガー漬け”
お勧めの黒板から選びました。
メインもジビエ、前菜もジビエだと、重いかなぁと思いながら、
今の季節しか食べられない!ということで、
ダブルジビエです。
20071204110233.jpg

ご覧の通り、パイがちょっと焦げてますが、
それを除けば、とても美味しかったです。
前菜から、かなりのボリュームでした。

そして、いよいよメイン。
マガモ、キジ、ヤマウズラ、イノシシ、子イノシシ、ノロシカ、野うさぎetc...
お勧めのメニューにはジビエで盛りだくさんです。
いろいろ迷った結果決めたのは、解説をしてくれていたTさん一押しの
“lievre(野ウサギ)のトゥルヌド(胴部分)、フォアグラ”
20071204110305.jpg

もちろん、焼き加減はセニョン(レア)です。
お肉とフォアグラとの相性が最高でした。
lievre自体はくせが強いのですが、
そこにまた個性の強いフォアグラを合わせるというのも、
素晴らしいですね。
本当に美味しかったです。
なんとも贅沢な逸品でした。

そして、デセールです。
スペシャリテ、“パリブレスト”をいただきました。
20071204110326.jpg

とっても美味しかったのですが、
お腹のほうがもうすでにかなりいっぱいになっていたので、
しっかり味わうことができなかったのが、残念でした。

冬の醍醐味を存分に楽しんだ今宵でした。

Chez Michel
10 rue de Belzunce 75010 Paris
01 44 53 06 20

スポンサーサイト

2007.12.03 Mon 23:15
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。