2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
La Nuit des Musées
今日、5月16日は“La Nuit des Musées”、
「美術館の夜」というイベントがフランス中で開催されます。
ふつうであれば閉まっている夜間、
たくさんの美術館が、無料開館されるのです。

ということで、今夜は私も美術館へ。
ルーブル美術館と同じルーブル宮に入っている、
「Musée des Arts Decoratif(装飾芸術美術館)」
へ行ってきました。

musee des arts decoratifs 1




この美術館には、中世から現代までの家具や装飾品をはじめ、
各時代のアパルトマンの内装だったり、
1940年以降の内装や、
1960?70年代のイス(写真上)が展示されています。

どんなものがあるかというと。。。

例えば、このクリスチャン・カルティエの時計。
カルティエ氏が自身で制作したという、見事な時計。
思わず目を凝らして見てしまう美しさでした。
cartier.jpg


こちらは、18世紀のブルジョワ階級のための家具。
18c.jpg


現代に入ると、様々なデザインのイスが作られ、
ユニークなモノがたくさんありました。
musee des arts decoratifs 2


展示スペースの一角には、イスに座れる空間もあります。
musee des arts decoratifs3


これはもちろんほんの一部にすぎません。
他にも面白い作品がたくさんあって、
絵画を見ているのとはまた全然違った面白さです。

フランスには、本当にたくさんの美術館があり、
だれもが気軽に親しめる素晴らしさを、
あらためて今日感じました。
スポンサーサイト
2009.05.16 Sat 23:12
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。