2017.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
Le Severo

今夜は美味しいお肉を食べに、
お肉の美味しいビストロ“Le Severo”に行ってきました。
ここはもともとお肉屋さんであった、お肉を知り尽くしたオーナーのお店。
とにかくお肉を一番美味しい状態で食べさせてくれるのです。
もちろん、お魚料理はメニューにはありません。
ワインも、自然派のワインを中心にかなり充実していました。

店内、席数は少なく、オーナーらしきムッシューが一人でサービス、
厨房もカウンター越しに見える限り、一人でやっているよう。
お客さんも常連さんが多い感じで、
いかにも美味しいビストロという空気が漂っています。
8時半すぎには、ほぼ満席になっていました。
予約なしで来られたお客さんには、
すぐ近くにあるもう系列店“Le bis du Severo”を勧めているようでした。


今夜は、前菜はメインがボリュームあり、ということを想定してパス。
メインにおなかを備えなくてはならないので。
肝心のメイン、お肉料理だけなのでいたってシンプルなのですが、
どの部位を食べようか迷います。
悩んだ結果選んだのは、Cote de Boeuf(牛のあばら肉)。
これは2人以上の注文のみで、2人で75ユーロ、3人で90ユーロ。
3人分のほうが、一人分の量が少ないのかと思います。
4人だった私達、3人でCote de boeuf、
MくんはEntrecoteを注文することにしました。

こちらが、そのCote de Boeuf。
焼き加減は、セニョン(レア)で出てくるのかなぁと思っていたらブルー。
ブルーとは、限りなく生に近いセニョンよりもさらにレアのこと。
美味しいお肉だからこそ味わえる贅沢な焼き加減。
ジューシーでとっても美味しかったです。
そして、付けあわせのフリット、これがまた美味しい。
不ぞろいな形からも、いかにも自家製といった感じが伝わりますが、
ほくほくで美味しいフリットでした。
Le Severo 20081114

デセールは、ムース・オ・ショコラやクレーム・キャラメル、
タルト、ポワールの赤ワイン煮の4種類。
タルト・オ・ポワールを頼んでみましたが、こちらはイマイチ。。。
肝心のお肉がしっかり満足させてくれたので、よしとします。
美味しいお肉とフリットが食べたくなったら、
是非また行きたいです。

Le Severo
8 rue des plantes 75014 Paris
tel : 01 45 40 40 91
休み: 土・日
スポンサーサイト

2008.11.14 Fri 23:18
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。