2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
エリゼ宮
今日、明日は、ヨーロッパ文化遺産の日。
エリゼ宮、セナ(フランス上院議会)、
ラッソンブレ・ナショナル(フランス下院議会)、大使館などの公共施設や、
サン・シュルピス教会の塔の修復工事、
エッフェル塔のエレベーターの機械室など、
普段お目にかかることのできない施設が、
一年に一度、無料で公開される2日間であります。

私はといえば、どこよりも並ぶこと覚悟で行かなくてはならない、
大統領官邸・エリゼ宮に張り切って行ってきました。
朝9時から公開なので、8時には到着したのですが、
すでにかなりの行列。
一番乗りの人は、朝3時半から並んだとか。
気合の入り方が違います。

並ぶこと1時間、入り口の門を通過。
大きなお庭を通って宮殿まで向かいます。
img 031

中に入っても、ものすごい人、入り口はまだまだ遠そうです。
lelysee.jpg

待っていると、ニコラ・サルコジ大統領がやってきました。
サルコジ大統領、本当に小さかったです。
カルラ・ブルニ夫人がよく見えなかったのが残念。
salcozy.jpg

門をくぐってから、さらに待つこと3時間、やっと宮殿に入れました。
長い長い道のりでした。
今朝はけっこう冷え込んで寒かったのが少しつらかったですが、
お天気がとってもよかったので、まだよかったです。

宮殿内、たくさんのお部屋がありましたが、
その中からほんのちょっとだけご紹介します。

こちらは、salle des fetes(祝宴の間)。
なんともゴージャス、現実離れした空間です。
salle de fete

大統領の仕事部屋。
これまた、豪華なオフィスです。
beureau.jpg

と、宮殿内をい1時間ほどかけて見学しました。
なかなか見ごたえはありました。
このような文化に直接触れられる機会があるというのは、
フランスのよき文化、本当に素晴らしいですよね。
スポンサーサイト

2008.09.20 Sat 20:15
No title
サルコジ大統領に会ったなんてスゴイ!
美しい宮殿だね!
FROM:nao URL 2008.09.22. Mon 02:46 [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。