2017.08.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.10.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
La Maison Courtine
先週の土曜日21日、妹とともにパリに戻ってきました。
4日目の今日、初めての外食です。
今夜は知り合いの料理人が働いているレストランに、
料理人の友人と妹と3人で行ってきました。

今夜行ってきたのは、14区にある1つ星レストラン"La Maison Courtine″
お料理は10種類ほど用意された、
前菜・メイン・デセールから選ぶ45ユーロのムニュのみ。
ちなみにメインのお肉料理には、
有名なお肉屋さん"Desnoyer"のもが多く使われています。

前菜には、マグロのポワレ、パプリカのコンフィをいただきました。
マグロの腹の部分をさっと火を通したものです。
さっぱり美味しくいただきました。
写真右は、友人の選んだフォアグラのポワレ、レーズンのソース。
フォアグラはやっぱりポワレが一番美味しいですね。
味見させていただきましたが、もちろん文句なしの美味しさでした。
無題

メインには、小鴨の2回のサービス(胸のロティとモモ肉のコンフィ)。
小鴨のお味ですが、鴨とけっこう似てます。
お肉の焼き加減は、セニョンでいい感じでした。
ソースもシンプルですが、とっても美味しかったです。
2皿目のモモ肉のコンフィは、写真を撮り忘れてしまいました。
IMG_0740_convert_20080626001938.jpg

デセールは、マンゴーのミルフィーユ。
さっくさくの美味しいフォイユテのミルフィーユに、
マンゴーが添えられていて、
一緒にいただくように盛り付けられていました。
おなかいっぱいになりすぎてしまったせいで、
しっかりと味わうことができなかったのが心残りです。
IMG_0743_convert_20080626002157.jpg

そして食事の後、厨房に少し入らせていただきました。
妹は初めて見るレストランの厨房に、決して広いとはいえないこの場所で、
たくさんのお料理が作られていることに驚いたようです。
私はもちろん、妹も満足してくれたようでよかったです。

La Maison Courtine
157 avenue du Maine 75014 Paris
tel : 01 45 43 08 04
休 : 土昼 ・日 ・月昼
スポンサーサイト

2008.06.24 Tue 23:56
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET  管理者だけに表示する

TRACKBACK URL

プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。