2010.10.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2010.12.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
POMZE
今週のパリ、まだ11月だというのに、
氷点下だったり、雪が降ったり、
信じられないくらい冬まっただ中、そんな感じです。
こう寒いと、外に出るのも億劫になってしまいますが、
今週は何かとお出かけが多い私とAito、
しっかりと防寒して、寒さに負けず乗り越えたいと思います。

今日は朝からカルトナージュのレッスンに行きました。
これまでも何回かAitoを連れてレッスンには行っていますが、
今日は記録的に大人しくしてくれて、かなりはかどりました!
もう一人、10カ月のベベちゃんがいたのですが、
二人揃って今日はいい子してました。
常にこんなふうだと、助かるのですけどね?。

そのあとは、お友達と “POMZE” でランチ♪
このレストラン、その名の通り(ポム=りんご)、
全てのお料理にりんごを使っているという、
ちょっとユニークなレストランなのです。

いただいたお料理は。。。

前菜:タラの燻製のブランダードのコロッケとバリエーション
おしゃべりに夢中で、りんごがどこに入っているのかすら、
気付かぬうちに食べ終わってしまいました。。。
DSC_0443.jpg

メイン:ウサギのコンビネーション、根セロリのピュレと焼きりんごと季節野菜
ウサギって、おうちではなかなか調理しないので、これにしました。
ウサギのお肉、柔らかく仕上げられてて美味しかったぁ。
ですが、ここで寝ていたAitoが目を覚まし、
ぐずり初めてしまったので、食べることに途中から集中できず。。。
DSC_0446_20101201071422.jpg

デザート:ブルーベリー・カシスとりんごのチーズケーキ
中に隠れたりんごと、こくのあるチーズケーキ、
大好きなブルーベリー、とっても美味しかった?。
久しぶりに美味しいチーズケーキを食べた気がします。
DSC_0451.jpg

ちなみに、ここの厨房はすべて日本人だそうです。
メニューにも日本語表記がされてました。
私たちのテーブルをサービスしてくれたフランス人の女の子も、
上手な日本語でサービスしてくれて、なんだか奥ゆかしかったです。

そして、1階はブティックになっていて、
りんごのコンフィチュール、りんごジュース、
シードル、カルバドスなど、
よりすぐりのりんご製品が売られています。

POMZE
109 boulevard Haussemann 75008 Paris
tel : 01 42 65 65 83



スポンサーサイト
2010.11.30 Tue 23:19
Passage 53
今日のランチは、久しぶりの贅沢ランチ。
行きたいなぁと思いつつ、なかなか行く機会のなかった、
“Passage 53” へ出かけてきました。
フランスの料理専門誌で表紙を飾り、
特集されるほどの腕をもつ日本人のキュイジニエ、
佐藤伸一シェフの世界の広がるお料理の数々を楽しんできました。

今日は土曜日だったので、お昼のメニューはなく、
昼夜共通のデギュスタシオン・コース。
カルト・ブランシュで10品のお料理をいただきました。

10品と数が多いし、カルト・ブランシュで全て口頭での説明だったので、
記憶をたどりつつ、ざざっと記録しておきます。

::: かぼちゃのヴルーテとカフェオレの泡 :::
カフェオレがお料理に?驚きの発想ですが、
さすがです、かぼちゃとの相性とってもよくて美味。
DSC_0446_20101128034253.jpg

::: いかのロティ、カリフラワーとカリフラワーのピュレ :::
いかの味が濃厚、薄?くスライスがされた生のカリフラワー、
これもまたいい味をしていました。
DSC_0450.jpg

2010.11.27 Sat 20:46
6カ月
Aito、今日で6カ月になりました。
この1カ月もたくさんの成長がありました。
DSC_0358.jpg

今までは、ワクチンを打ったりするために、
ほぼ毎月、小児科の先生のところへ行っていましたが、
今回はワクチンもないので、PMI(保健所のようなところ)へ、
身長と体重だけ測りに行ってきました。

すると、なんと。。。身長68cm、体重8200g。
と、身長はプラス2cmで普通なのですが、
体重が400gも減っているではありませんかぁ。
と言っても決して痩せたわけではありませんよ。
小児科の先生のところの体重計がおかしかったんです。
おもりを左右に動かしながら測る、
天秤式の体重計を使っているので、
今までも本当かな?と思いながらいたのですが、
今日PMIに行ったことで、やっぱりな!と納得。
Aitoの体重の多さを気にしていた私でしたが、
それもいらぬ心配だったようです。

さて、この1カ月でのAitoの成長は。。。
まずは、離乳食を始めたこと、
順調に野菜も果物も、ばくばく食べております。
それに、下の歯が2本生えてきました。
小っちゃな歯が、ひょっこり顔をのぞかせているようで可愛い^^

そして、寝返り。
今までは、仰向けからうつ伏せだけにしか転がらなかったのが、
今では、うつ伏せから仰向けにもひょいっと転がります。
右にも左にも転がるし、気がつけばころころ転がっていくので、
寝ているとき以外、目が離せなくなってきました。
DSC_0368.jpg

さらに最近では、床のようなちょっと固いところだと、
ほふく前進でゆっくりではあるけれど、進んでいく。
ハイハイする日も遠くなさそうです。

腰もだいぶすわってきて、
お座りが少しずつ出来るようになってきました。
まだ長時間はできないので、常に近くで支えていますが、
日に日に座ってられる時間が、少しずつのびてます。
DSC_0390.jpg

おもちゃに反応するようになって、一人で遊ぶようになりました。
けれど、とにかく手当たり次第、何でも口に入れるようになったので、
Aitoのまわりにあるものには、常に注意が必要になってきました。
DSC_0395.jpg

べべの1カ月って、大人のそれとは全然違うんですね。
あっという間の1カ月だけれど、
色んなことができるようになったりして、
たった1カ月での出来事とは思えなかったりします。
これからも日々の成長を楽しみに、
子育てがんばっていきたいと思います。



2010.11.26 Fri 18:40
パンチェッタ
日本で買ってきた脱水シートを使って、
自家製パンチェッタを作ってみました。
脱水シートというものを初めて使ったのですが、
これ、ものすごい優れもので感動?。
DSC_0420_20101123072455.jpg

豚バラ肉に、たっぷりの塩をまぶして、網にのせてラップをし、
冷蔵庫で一晩おくと、水分がだいぶ出てきます。
それに、コショウとにんにくをまぶして、
脱水シートにくるんで、さらにラップをして、
2日おきにシートを変えて、待つこと10日間。
それだけで、自家製パンチェッタの出来上がり。
もちろん塩だけでもいいし、ハーブを加えてもいいし、
いくらでもアレンジできますよね?。

そんなパンチェッタを使った最近の夕食。
まずは、パスタにしてみました。
ポワロー葱とパンチェッタのアーリオオーリオ。
アーリオオーリオのパスタは美味しくできたのだけれど、
パンチェッタの塩抜きが十分でなくて塩辛かった…。
DSC_0433.jpg

ちなみに、この日の前菜はラタトゥイユでした。
DSC_0429_20101123072506.jpg

続いて今日、ポトフを作りました。
たっぷりのお野菜に、ソーセージを加えて、
ことこと煮込んだだけ。
今度は塩抜き加減もいい感じにできて、
美味しくいただけました。
明日は、このポトフのスープをいただきます。
DSC_0452.jpg

今日の前菜は、レバーペースト。
DSC_0447.jpg

まだ少しだけ残っているので、最後は何にしようかな。
冷凍保存も可能なので、余ったら冷凍しようと思っていたけれど、
冷凍するほど残らず食べきってしまいそうです。


2010.11.23 Tue 23:15
Patisserie des reves
今日の午後は、先日も夕食を一緒にした
キュイジニエのTさんと、大好きなパティスリー、
Patisserie des reves” でお茶をしました。
今日行ったのは、閑静な高級住宅街16区に、
今年の春オープンした2号店。
こちらには、サロンドテも併設されていて、
美味しいケーキがその場でいただけるのです。
DSC_0437.jpg

何を食べようか、そうとう悩んだ結果選んだのは、
メニューには書かれていなかったけれど、
ブティックでちらっと見かけて気になったもの。
こんな可愛い箱に入って登場しました。
DSC_0427_20101122040742.jpg

りんご飴のように見える、
さくらんぼの形をしたこのケーキは。。。
DSC_0434 (2)

ノエルのパティスリー、フォレ・ノワール。
ショコラに包まれたこのフォレ・ノワール、
クリームやビスキュイ、チェリーなどのバランスが最高の、
とびきり美味しいフォレ・ノワールでした。
DSC_0436.jpg

それにしても、このフォレ・ノワールの大きさには驚きました。
注文するときに、サービスのお兄さんに、
「フォレ・ノワールの1人用サイズってありますか?」
と確認して、あるとのことだったので注文したのですが、
帰りにブティックのをよ?く見てみたら、
「2人用」と書いてあるではありませんかぁ。
どうりでサイズもお値段も立派だったわけです。

そしてTさんが選んだのは 、ラトリエ・デ・シュー。
2種類のクリームが選べるシュークリームで、
お店のロゴを模った、とっても可愛いお皿で出てきました。
少し味見をさせていただきましたが、
注文を受けてからクリームを詰めるので、
シューの食感がしっかり残っていて、とっても美味しかったです。
DSC_0429 (2)

店名のごとく(Patisserie de reves = 夢のパティスリー)、
白を基調としたとっても可愛くて素敵な、
まるで夢の世界のような空間でいただくと、
買って帰っておうちでいただくのよりも、
何倍もまた美味しく感じるのは、気のせいでないはず。
そんな素敵なサロンドテでした。

今日はさらに、ノエルのビュッシュを12月5日までに予約すれば、
20%の割引きがある、というとっても嬉しい情報も入手。
去年、お友達のお宅でここのビュっシュをいただいて、
とっても美味しかったし、こんなお得情報もあるし、
今年のビュっシュはこれに決まりかな?。



2010.11.21 Sun 21:09
鶏肉のコンフィ
私のブログ、タイトル 「NonNonの台所」 と言うわりには、
最近の内容と言ったら、それらしいことはあまり書いてないかも…
ということで、ちょっと気持ちを入れ替えて(大袈裟?)、
普段のごはんの内容も、これからはもっと書いていこうと思います。

さっそく、昨日のごはんから。。。
昨日はお友達が食事に来てくれました。
何を作ろうかなぁ、と色々迷いつつも、
用意する時間があまりなかったために、
かなり手抜きな食事になってしまって、
せっかくいらしてくれたのに、悪いことしちゃいました。

前菜は、シェーブル(山羊のチーズ)のサラダ。
シェーブルにベーコンを巻いて、オーブンでグリエ。
とろっととろける熱々のシェーブルを味わいます。
DSC_0429.jpg

メインは、鶏肉のコンフィとジャガイモのソテー。
(色どりのないお皿になっちゃいました…涙)
コンフィと言えば、鴨のコンフィが一般的だけど、
家庭では作りには鶏肉のほうがお手軽だし、
何よりもコンフィにした鶏肉は美味しい。
DSC_0431.jpg

ちなみに、コンフィとは低温の脂で煮たもの。
作り方は簡単で、肉に多めの塩(お肉の重さの2%)と胡椒をし、
ハーブを加えて冷蔵庫で一晩寝かせ、
80℃の油(ガチョウの油が理想だけど、家庭ではサラダ油でOK)で
1時間ほど加熱して、それをフライパンで皮面からかりっと焼くだけ。
時間はちょっとかかるけれど、保存もきくし、美味しいし、
なにより簡単なので、おすすめです。

デザートは、フロマージュブランのムース フランボワーズのソース。
お友達から、カステラを持ってくよ?と言われていたので、
軽めのデザートにしました。
DSC_0432.jpg

さらに、文明堂のカステラとnicoの抹茶のマカロン。
フランスにはないカステラなので
ありがたみを感じながら、美味しくいただきました。
DSC_0438.jpg

ということで、これからはもっともっと、
我が家の普段のごはんも紹介していこうと思うので、
これからもどうぞお付き合いのほど、よろしくお願いいたします!


2010.11.20 Sat 11:06
手芸の見本市
今年も行ってきました。
手芸の見本市 “creations savoir-faire & marie claire idees
手芸や手作りが好きな女性には必見の、
年に一度の大きなイベントです。

刺繍、パッチワーク、編み物、フランス額装のお店、
布地、リボン、ボタン、などを売るお店、
スクラップ、スタンプ、などのお店、手芸関係の書店、
などなど、ありとあらゆる手作りに関わるお店が250店。
ノエルに近いこともあって、ノエル関連のものも多くあって、
手作りが好きな女性には、魅力いっぱいの見本市。

今年2010年のテーマは “Feerique - Au pays des merveilles‐”
(夢のような -不思議の国のアリス- )
展示スペースには、アリスの世界が繰り広げられていて、
とっても楽しませてくれました。
DSC_0435.jpg

まるで、アリスの世界からそのまま飛び出してきたよう。
DSC_0430.jpg

2010.11.18 Thu 21:59
Glou
ここ最近2週間くらい、パリはず?っと雨やら曇りやら、
なんだかぱっとしない日々が続いていましたが、
久しぶりに晴れて、気持ちもすっきりした感じです。
そんな今日は、お友達とお出かけのお約束。
マレにあるビストロ “Glou” でランチを楽しんできました。

いただいたは、お昼のムニュ(前菜+メインで17ユーロ)。
前菜に、お野菜のテリーヌ。
マスタードのマヨソースと美味しくいただきました。
DSC_0405.jpg

メインは、ハムステーキみたいなものとじゃがいも。
シンプルだけど、美味しかった。
DSC_0409.jpg

デザートは、モワルー・ショコラ。
とろ?っと流れ、いい感じでした。
DSC_0415.jpg

お料理も美味しかったし、
雰囲気も明るいカジュアルでいい感じだし、
サービスもみんな優しくて感じよかったし、
とっても気に入りました。
また是非行きたいビストロです。

Glou
101 rue Vieille du Temple 75003 Paris
tel:01 42 74 44 32
火曜休み



2010.11.16 Tue 19:46
ジビエの季節
今年もジビエの季節がやってきました。
去年の今頃はつわりだのなんだので、
フレンチを一切受け付けられなかったので、
今年はジビエを楽しむぞ?と意気込んでいた私であります。
それに、Aitoが生まれてからというもの、
ランチに出かけることはあっても、
夜、食事に出かけることはほとんどなく、
久しぶりの外ごはんに、ウキウキな私なのでした^^

今夜は、私がキュイジニエとして働いていた時、
とってもx2お世話になった大先輩のTさんと、
nico&Aitoとともに、ご一緒させていただきました。
そのTさん、今はニースで活躍していて、
年明けには自分のお店を出される予定で、
そちらへ訪れるのも、今からとっても楽しみです!

さて、そんな今夜、ジビエを味わいに出かけてきたのは、
ブルターニュ地方の料理を出すビストロ“Chez Michel”。
この季節になると、黒板メニューいっぱいに、
豊富なジビエ料理を出すビストロで、
毎年必ず一度は、ジビエを味わいにここを訪れます。

今夜私がいただいてきたお料理は。。。

前菜は、イチョウガニの身、ゼリー寄せ。
メインのために、前菜は軽めなものを選びました。
DSC_0388.jpg

メインに、マガモのロティ、イチヂク。
お肉もイチヂクも、ものすごい量で、
豪快に美味しくいただきました。
DSC_0393.jpg

デザートに私は、クイニーアマンをいただいたのですが、
Tさんの選んだ、パリブレストのほうが美味しかったので、
写真は、ここのスペシャリテ、パリブレスト。
DSC_0398.jpg

Chez Michel
10 Rue de Belzunce 75010 Paris
tel : 01 44 53 06 20
休み : 土・日・月昼



2010.11.15 Mon 23:26
おもちゃ箱
日本から帰った1カ月ほど前から、
Aitoが生まれてしばらくお休みしていた
カルトナージュのレッスンを再開しました。
プセットを無理やりお教室に入れさせていただいて、
途中、Aitoが泣いたりして、
ときにはみなさんにご迷惑をおかけしながらも、
先生のご協力もあって、なんとか頑張っています。
当然今までのように、スムーズに作業は進まないけれど、
大好きなカルトナージュがまた始められて嬉しいです。

そんな再開後最初の作品は、Aitoのおもちゃ箱。
まだ小さなおもちゃでしか遊ばないAito、
そこら中にそんな小さなおもちゃが転がっていて、
何か収める箱が欲しいなぁと思っていたので、
刺繍も入れ込んだ、こんな箱を作ってみました。
DSC_0339_20101113190650.jpg

大きなサイズのおもちゃ箱の中には、
小さなサイズのおもちゃ箱がさらに入っています。
DSC_0341.jpg

マリンシリーズで二つ、こんな感じにしてみました。
今までは、フェミニンなお花柄なんかが多かった私、
先生に子どもができるとこんなにも変わるのねぇ、
なんて言われちゃいましたぁ。
たしかに今までの作品の風合いとは、全然違いますものね。
DSC_0342_20101113191052.jpg

おもちゃを入れてみると、こんな感じ。
なかなかちょうどいいサイズ。
DSC_0357.jpg

ふたの小さな刺繍は、この箱に合わせて作ったクロスステッチ。
モチーフはたくさんあるけれど、サイズが小さいので、
あっという間にできちゃいました。
名前入りにしてしまったので、完全にAito専用。
いつか二人目の子が生まれた時には、また作り直し???
DSC_0352.jpg

久しぶりにカルトナージュに夢中で取り組みました。
やっぱり楽しい、カルトナージュ♪
これからも時間見つけて、どんどん作っていこう。


2010.11.13 Sat 11:26
cake aux marrons
栗大好きな私は、マロングラッセももちろん大好き。
けど、マロングラッセってとっても高価なものだし、
なかなか普段は買えない買わないのですが、
割れマロングラッセなら、気軽に買えるのし、
「割れ」とはいえ、案外そんなに細かくなりすぎてないので、
自分で食べるだけなら、割れマロングラッセで十分と、
それしか買ったことのない私です。
そんなマロングラッセも、フランスでなら、
日本よりはお安く買えるのがありがたい。
ちなみに、G.Detouで500Gで10ユーロくらいでした。
DSC_0330.jpg

これでお菓子を作ろうと思って買ったはずなのに、
お茶のおともにちょこちょことつまんでばかり。
せっかく買ったんだから、お菓子にしなくては?、
ってことで、ケーク・オ・マロンを作りました。
DSC_0339.jpg

このケークもそうだけれど、焼きあがってから、
時間をおいて食べたほうが美味しいものって、
作ったらすぐに食べたい私にとっては、
待つ忍耐が必要なんですよね。
けどやっぱり、翌日よりも2,3日たってからのほうが、
しっとり落ち着いて、美味しかったぁ。
DSC_0340.jpg

レシピはいつも通り、キャトル・キャールをベースに、
適当にアレンジして作ってみました。
覚書きにレシピ残しておくので、興味のある方は続きでどうぞ?。



2010.11.08 Mon 19:46
離乳食
数日前から、Aitoの離乳食を始めました。
その前に少し、果汁で離乳食スタートの準備をし、
スプーンに少し慣れてきたところで、
まずは1日1回、少しずつ食べ始めました。

初日はまず、お粥からスタート。
ところが、口に運んだ瞬間、
嫌?な顔をして、まったく受け付けてくれず。。。
味があまりないのがお気に召さなかったのかしら。
なので、お粥はこっれきり食べてません。。。
もう少し離乳食に慣れたころにでも、
またチャレンジしてみようと思います。

他には、にんじんのピュレ、ズッキーニのピュレ、
りんごのコンポートを食べさせてみました。
どれも美味しいようで、がつがつ食べます。

最初は、うまくごっくんができないようだったけれど、
すぐに食べ方を覚え、それからのがっつきようといったら、
それはx2すごいです。

一口食べて、美味しいと分かったその瞬間、
「早く早く?、もっと食べさせて?!!!」
とスプーンめがけて、ものすごい勢いで迫ってきます。
DSC_0331.jpg

そして、がっつく!
DSC 0333

口にした瞬間の、満足そうな顔と言ったら、
見てるこちらが、ご馳走さま、と言いたくなります^^
DSC_0328.jpg

離乳食って、用意するの面倒だし嫌だなぁ、
なんて今までずっと思っていたけれど、
こんなにも嬉しそうに食べてくれると、
次は何作ってみようかなぁ、
と私も楽しみになってきたりして、
案外、苦にならないものですね。
好き嫌いなく、何でも食べて、
健康で元気な男の子に育ってくれうように、
べべのうちから、色々なものを食べさせていきたいです。
そして、食事の大切さを覚え、食べることって楽しい!
って思える子に育ってくれたら嬉しいです。


2010.11.03 Wed 20:47
渋皮煮
日本で大量に仕込んできた渋皮煮を、
少しずつ楽しんでいます。
栗の存在感をしっかりと楽しめるように、
渋皮煮をふんだんに使って、
大量にあるからこそできる、贅沢気分を味わっています。

まずは、ロールケーキにしてみました。
抹茶の生地と抹茶クリームで、和なロールケーキ。
けど、ふんわりやわらかいロールケーキには、
そのままごろっと入れるよりも、
小さく切って巻きこんだほうが食べやすいし、
まんべんなく混ざってよかったかも。。。
DSC_0325.jpg

続いて、シンプルに栗のタルト。
DSC_0346.jpg

タルト生地の焼きがちょっと浅かった。。。
けどこちらは、ごろっと入れた渋皮煮をしっかり味わえたし、
ラム酒を利かせたパータ・ダモンドもいい感じだったし満足。
DSC_0360.jpg

まだある渋皮煮、次はどうやって楽しもうかしら?


2010.11.02 Tue 13:58
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。