2010.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2010.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
citron
ある朝、マルシェにお買い物に行くと、
普段はあまり目に止まらないレモンが、
なぜかその日はレモンに呼ばれているような気がして、
思わずたくさん買ってしまったので、
レモンのコンフィを作ってみました。
P1110384.jpg

このレモンのコンフィを使って、
まずは、レモンのケーキを焼きました。
P1110409.jpg

レシピは、キャトル・キャールを基本に。
生クリームを加えるとレモンの酸味が落ち着くよ、とnicoが言うので、
バターの半量を生クリームに替えて作ってみました。
レモンのコンフィを生地にもたっぷり入れたので、
そのぶん、お砂糖は控えめに。

それに今日のケーキには、南仏コート・ダジュールに行ったお友達から、
お土産にいただいた、レモンのリキュールも少し加えてみました。
マントンという、イタリアに近いレモンで有名な町があって、
そちらに行った際に買ってきてくれたものです。
P1110401.jpg

さらに焼きあがりには、レモン汁たっぷりのシロップを
たっぷりとアンビベして、レモンを染み込ませました。
とここで、こんなにレモンのシロップをアンビベするのなら、
レモンのリキュールの美味しさは消えちゃったかしら?なんて。。。
レモンのリキュールは、またちょっと使い道を考えようと思います。

そして、コンフィには皮しか使わなかったので、
たくさんできたレモン汁を使って、
nicoにタルト・オ・シトロンを作ってもらいました。
P1110355.jpg

たくさん買ったレモンでしたが、めいっぱい活用して、
レモンを存分に楽しんだのでした。


スポンサーサイト
2010.08.31 Tue 21:50
ラデュレ
yumiちゃんとラデュレでお茶をしました。
パリにはいくつかラデュレがあるけれど、
一番好きなのがサンジェルマンデプレのラデュレ、
ラデュレと言えば、ついここへ足が向いてしまいます。
P1110289.jpg

この日は、落ち着いた大人な雰囲気の2階のサロンで。
光のいっぱい降り注ぐ、明るい雰囲気の1階とは、
全く違う趣だけれど、こちらもまたいい感じなのです。
P1110284.jpg

私がいただいたのは、ケーキではなく、
“macarons glaces” アイスのマカロン。
冷たい4種のマカロンの下には、アイスクリームが隠れています。
いくつかのアイスから選べますが、私はバニラにしました。
アイスのマカロンだと、ふつうのマカロンよりも軽くて、
いくつもいけちゃう感じで、美味しかったです。
P1110275.jpg


2010.08.30 Mon 10:07
cafe constant
今日まで4日間、ロンドンからyumiちゃんが遊びに来ていました。
出産直前にも一度、パリに遊びに来てくれたので、
そんなに久しぶり?って感じもしないでの再会でしたが、
やっぱり日本の友だちと、ここパリで会えるのは嬉しい^^
今回の滞在では、モンサンミッシェルに行ったり、
お買い物を楽しんだり、美味しいもの食べたり、
そして、Aitoともいっぱい遊んでくれたyumiちゃんでした。

ちょうどnicoがヴァカンス中なので、時間制限はあるものの、
Aitoをnicoにあずけて、昼間は二人でお出かけできました。
そんなわけで、昨日はゆっくりとランチをしたり、
お買い物を楽しんだりして過ごしました。

ランチをしたのは、カフェ・コンスタン。
カジュアルなながらに、美味しいお料理を出してくれる、
私の好きなお店の1軒です。
昨日は土曜日だったので、お昼のムニュはなく、
アラカルトでいただいてきました。

前菜 : ラングスティーヌのガランティーヌとスモークサーモン、
ニシンのキャビアのソース
P1110261.jpg

メイン : イベリコ豚のコート肉とラタトゥイユ
P1110263.jpg

本当ならここでデザートを、となるのですが、
この後、ラデュレでケーキを食べることにしていたので、
デザートはパスしました。
前菜もメインも、どちらもとっても美味しかったので、
デザートなしでも満足できたし、
yumiちゃんも美味しかった?と喜んでくれたし、
大満足なランチとなりました♪


Café Constant
139 rue Saint-Dominique
75007 Paris
Tel : 01 47 53 73 34
月曜休み



2010.08.29 Sun 23:04
Dinan
ブルターニュで訪れたもう一つの町、Dinan(ディナン)。
前にも一度訪れたことがあるのですが、
その時はあまりゆっくりと時間を取ることができず、
とっても可愛い町だし、また来てみたいなぁと思っていた場所。
P1110078.jpg

前回来たのは冬だったので、観光客はほとんぞおらず、
静かな田舎の町、という印象だったのが、
ヴァカンスシーズンの今、訪れてみたら、
観光客で溢れていたことにびっくりしました。
P1110035.jpg


2010.08.28 Sat 21:42
3カ月。
Aito、昨日でちょうど3カ月になりました。
首もだいぶすわるようになってきたし、
体重7200g、身長63.5cmと、
この1カ月でまたぐんと大きくなりました。
お洋服もすでに6カ月のサイズがぴったりな、
とっても大き目なべべ、Aitoです。
P1100518.jpg

2カ月を過ぎたころから、夜とっても良く寝るようになり、
今ではもう、朝まで起きることなくぐっすりです。
ときには、nicoパパと同じように、いびきをかいて寝ていることも。。。
見た目もちょっとおやじなAitoですが、寝る姿もちょっとおやじより。
とはいえ、よく寝てくれるおかげで、私も毎日しっかり寝れているので、
そんなこと言ったらAitoに怒られちゃいますね。
こんなに早く、夜寝てくれるようになるとは思っていなかったので、
変な言い方だけど、なんだかちょっと得した気分^^

しかも、Aitoの寝起きがまたいいんです。
夜中に授乳しなくなったので、胸がはって痛くなり、
それで目を覚ますことが多い私なのですが、
日によってはAitoのほうが先に起きていることも。
普段から目覚めに泣くことはあまりないのですが、
そういう時も、指をしゃぶりながら、目をきょろきょろさせて、
泣くこともなく、ベッドでじっとしているんです。
そんな日は、朝から思わず笑顔がこぼれます。
P1110193.jpg

昼間は昼間で、あまり泣くこともありません。
なんだかAitoはとっても大人しいべべなようです。
とはいえ、今回ブルターニュでnico両親から、
nicoの小さかったころの恐ろしい伝説の数々を聞かされ、
今のとこ、手のかからない大人しいAitoも、
何年かしてパパに似たらどうしよう…、なんて頭をよぎったりも。
母に言わせると、私はさほど手のかからない子どもだったようなので、
私に似ていることを信じているんですが。
けど男の子だし、ちょっとわんぱくなくらいでいいのかな。
どんなふうにこれから育っていくのか、とっても楽しみです。
とにかく元気で健康であれば、他に望むことはないのですが。




2010.08.27 Fri 13:02
Rochefort en Terre
ブルターニュで訪れた小さな村、
“フランスの美しい村” に認定されている村のひとつ、
Rochefort en Terre (ロッシュフォール・アン・テール)。
P1100876.jpg

お花がきれいに咲き誇る小さな村を、
ゆっくりとお散歩してきました。
P1100846.jpg


2010.08.25 Wed 21:56
いとこ
ブルターニュから帰ってきました。
美味しい空気を吸いながら、
ゆ?ったりと10日間過ごしてきました。
今までも何度となく訪れていた私ですが、
今回初めて、田舎暮らしのよさが分かった気がしました。
Aitoが一緒だったから、というのもあるのかな。

滞在中の1週間は、nicoの妹家族も一緒でした。
Aitoの従兄、nico妹の長男ジェレミーくんともご対面しました。
Aitoとは、ちょうど4カ月違いのジェレミーくん、
透きとおるような色の白さと、きれいなブルーの目、
ヨーロピアン?なとっても可愛いべべです。
P1100947.jpg

4カ月の違いがあるにも関わらず、
小さめ目のジェレミーくんと、大き目のAito、
二人とも同じくらいの月齢に見えます。
むしろ、横に大きいAitoのほうが大きく見えるくらい。
※ 後ろの裸でいる人は、気にしないでください。
こうして並ぶと、Aitoがやっと首が座るようになったくらいの、
小さなべべ、ということを忘れそうになっちゃいます。
けれど、もうすぐ7カ月になるジェレミーくんは、
おもちゃで楽しく遊び、ちゃんと椅子に座って離乳食を食べ、
まだ寝てるだけのAitoより、もちろんお兄ちゃんなのですけどね。
P1100950.jpg

来年の夏にブルターニュで会うときには、
一緒にお庭で遊んだり、ブールで水遊びをしたり、
楽しいことがいっぱいできるんだろうな。
私もブルターニュに来る楽しみがひとつ増えました。
同じ年の男の子が一緒となれば、楽しくないわけがない、
二人仲良く遊べるようになる日が楽しみです♪


2010.08.24 Tue 22:12
パン屋さん
Chavagne(シャヴァーニュ)というレンヌに近い小さな町に、
今年3月、nicoのお父さんがパン屋さんを始めました。
nico父はもともとパン屋さんなわけではないので、
パンを焼くのは、nicoの弟。
若干21歳という若さながら、なかなかの腕を持っていて、
一人で全てのパンを焼いています。
P1100821.jpg

nico父は、もともとお料理が好きなこともあって、
サンドイッチやパティスリーを作ったりしています。
お店には、nico母と弟の彼女が出ていて、
他に見習いのパティシエがいるだけの、家族経営のパン屋さん。
P1110130.jpg

2010.08.22 Sun 18:03
chez nico
ブルターニュに来て、1週間がたちました。
今回のブルターニュは、Aitoを連れているし、
ゆっくりと10日間の滞在ということもあって、
ただひたすらの?んびりと過ごしています。
着いたころは退屈?なんて思っていたけれど、
自然がいっぱいの、空気の美味しいここでの時間を、
ゆったりと楽しめるようになってきました。

お庭には、相変わらずたくさんのお野菜やフルーツがなっていて、
毎日の食卓には、お庭からやってきたお野菜がいっぱい、
パリの生活では考えられない、贅沢な食生活を送っています。
P1100708.jpg

お野菜やフルーツだけでなく、卵もお庭のにわとりさんの産みたて卵。
毎回この卵を見ては、あったかごはんにお醤油をちょっとたらして、
卵かけごはんが食べたくなる私ですが、
お米もお醤油もないここでは、未だ現実にはなっていませんが。。。
P1100734.jpg

この新鮮な卵を使って、卵をたくさん使うお菓子を焼いてみました。
摘みたてのブラックベリーをタルト型い?っぱいに敷き詰めて…。
P1100966.jpg

ブラックベリーのクラフティーを焼きました。
新鮮な卵を使ってるので、いつもより黄色いクラフティーになりました。
P1100979.jpg

アパレイユがちょっと多かったので、
フランボワーズもちょっと摘んできて、
小さなクラフティーもおまけで焼いてみました。
P1100983.jpg

2010.08.20 Fri 22:31
半熟カステラ
先日作った遥穂さんの “半熟カステラ パンデロー”、
半熟にならず、普通のカステラになってしまい悲しい思いをしました。
あれから数日、冷蔵庫にたまっていた卵白もだいぶ使い切ったので、
今日は半熟カステラのリベンジを試みてみました。

今回は、レシピに忠実に従って、お砂糖もグラニュー糖で。
そして、焼成温度をちょっとだけ下げて、時間も3分ほど短くし、
まだ中がふるふるっとする頃にオーブンから出しました。
P1100680.jpg

荒熱が取れたころ、さっそく切り分けてみると、
遥穂さんのパンデローのように、とろ?んとはならなかったけど、
それでも、一応半熟になってました。
この写真じゃ、全然伝わらないと思いますが…。
P1100685.jpg

とろ?り半熟とまでは行かなかったけれど、
しっとり半熟カステラ、そんな感じでした。
次はさらにもうちょっと、焼き時間を短くしてみます。
前回よりはだいぶ半熟に近づけたものの、
完全なるリベンジにはならなかったので、
近いうちまた作ってみようと思います。
私も、半熟とろ?りを味わってみたいですからね^^


さてさて、明日からブルターニュのnico実家へ10日ほど行ってきます。
何をするわけでもなく、のんびりと過ごしてこようと思っています。
せっかく空気のいい田舎に行くので、外でもたくさん過ごしたいし、
お天気に恵まれることを祈るばかりです。
Aitoと美味しい空気を吸いながら、お散歩いっぱいできたらいいな。

そして、nicoはと言えば。。。
nico父&弟が、今年3月にパン屋さんをオープンさせて、
この夏はヴァカンスなしで、忙しく頑張っているようなので、
自分もお店を手伝うと張り切っています。
せっかくのヴァカンスだというのに、自ら働こうと張り切るnico。
家族のお店だから、というのももちろんあるのでしょうけど、
普通の仕事ならともかく、パン屋さんは朝早いし、
休みのときくらい寝てればいいのに、なんて思ってしまう私ですが。
本人がやりたいことなので、止めはしませんが、
根っからの仕事好き&働きものなんだなぁとつくづく感じます。

ブルターニュから戻ったら、お友達が遊びに来て、
その後すぐ、今度は日本から父がやってきます。
そして、そのまま父とともに、私とAitoは日本へ出発!
そんな感じで、明日からしばらくは、
いつもの日常とは違う日々が始まります。
ブログの更新もぼちぼちペースになると思いますが、
どうぞよろしくお願いします!



2010.08.13 Fri 20:29
Paris Plage
今年もパリプラージュに行ってきました。
パリの夏の風物詩とも言えるパリプラージュ、
私も毎年1、2度は足を運んでいます。
今日は、kana_cocoさん親子&akaruisoraさん親子と一緒に、
今年初のパリプラージュに出かけてきました。
P1100654.jpg

パリプラージュへ向かう前に、まずは腹ごしらえ。
Le Pain Quotidien” でタルティーヌのランチをしました。
P1100616.jpg

お腹もいっぱいになったところで、パリプラージュへ!
まずは、子どもたちの遊べそうなスポット散策から。
そんな間、akaruisoraさんの長男Aくんが、
Aitoのプセットを押していてくれたので、
その間に私はせっせと写真撮影させてもらいました^^
P1100629.jpg

今までパリプラージュって、大人同士でしか行ったことがなかったので、
気付かなかったのけれど、子どもが楽しめるスポットって、
けっこう色々とあるんですね?。

まず、お野菜やフルーツと触れ合う遊びに参加しました。
スムージーを飲んで、その中にどんなお野菜やフルーツが
入っているのか当てる、という感じのものでした。
子どもたちがスムージーを楽しんでる間、
私たちはこっそりアイスクリームを楽しんでました^^
P1100650.jpg

続いて、アスレチックでの遊び時間。
ここはあらかじめ予約しておいて、30分と決まった時間内で、
遊べるというシステムになっていました。
人数制限されているので、並ぶ時間ばっかりが過ぎていってしまう、
ということもないし、こういうシステムもいいですね。

遊びの間には、ちょこっと座る場所を見つけてはおやつタイム。
この時間も、子どもたちにとっては大切な時間ですからね^^
ちなみに、このとき子どもたちが食べていたのは、
M&M'sのチョコバーバージョン、こんなのがあるんですねぇ。
P1100642.jpg

水遊びを楽しみにしていた子どもたちですが、
今日のお天気、太陽が出たり隠れたり、
それに伴って、温かくなったり涼しくなったりで、
用意してきた水着を着ての水遊びはできないかなぁ、
と思っていたところに、太陽がしっかり出てきました。
水と戯れる子どもたち、とっても楽しそうでした^^

その間、私たちはプラージュ(浜辺)に座ってのんびりと。
初めてこのプラージュにあるビーチチェアに座ってみたけど、
案外座り心地がよくて、ここで一日、本読んだり、
日焼けしたりする人がいることにちょっと納得。

ちょうどこの頃、仕事が終わったnicoも合流したので、
Aitoもパパのおひざの上で、パリプラージュ初体験しました^^
P1100666.jpg

と、こんな感じで、今年は今までとは違った感じで、
パリプラージュを楽しめました。
子どものためのスペースがたくさんあることが発見できたし、
Aitoがパリプラージュを楽しめるようになるのは、
まだx2先だけど、そんな日がきたら、
Aitoもたくさんここへ連れてきてあげたいなぁ^^


2010.08.12 Thu 22:42
卵白消費?
先日、卵白消費のために、
フィナンシェとラングドシャを作ったけれど、
それでもまだ卵白が残っているので、
今日もまた、卵白を使ったお菓子を焼きました。

作ったのは、ダコワーズ♪
メレンゲ系のお菓子は、特別好きなわけではないので、
普段はあまり作らないのだけれど、
今日はなぜかダコワーズが食べたい気分だったので^^
P1100556.jpg

バタークリームは、カフェとプラリネの2種類作りました。
けど色が似ていているので、お皿に並べてみたころには、
どっちがどっちなのか途中で分からなくなってしまいました。
なので、どっちが当たるかは、食べてからのお楽しみ。
P1100587.jpg

バタークリームも、卵黄を使うアングレーズタイプや、
パータボンプタイプではなく、
卵白を消費するために、イタメレタイプにしました。
イタメレタイプでバタークリームを作ったのは初めてだったけれど、
ふわっと軽い味わいで美味しかったです。


そしてこちらは、卵白のお菓子ではないけれど、
昨日のデザートに作った、桃のパンナコッタ。
P1100603.jpg

いつものパンナコッタのレシピから、
生クリームの量をちょっと減らして、
白桃のシロップ煮をピュレにしたものを加えたので、
ほんのりピンクがかった色のパンナコッタになりました。
P1100605.jpg

本当は、上にのせた桃のコンポートも白桃で作りたかったのだけれど、
昨日は思いつきで作り始めたので、黄桃しかうちになく、
黄桃のコンポートになったのでした。
けど、見た目も夏らしく、ぱっと明るい感じになったので、
黄桃で最終的にはよかったのかなって感じです^^


2010.08.11 Wed 14:53
クラフティー・サレ
本来お菓子であるものを、おかずバージョンに変化した、
定番と言えば、ケーク・サレにマドレーヌ・サレ。
※「サレ」とは、フランス語で「塩味の」の意味。
私の場合、ケーク・サレはお昼ごはんやアペリティフに、
マドレーヌ・サレはミニマドレーヌ型で一口サイズにし、
アペリティフやちょっとしたおつまみに作ったりします。

ケーク、マドレーヌにサレがあるのなら、
クラフティー・サレがあってもいんじゃない?と思い、
今日のお昼ごはんにクラフティー・サレを作ってみました。
中の具は、冷蔵庫にあったものを利用して、
チキンのエストラゴン風味です。
チキンとエストラゴンって、とっても相性がよくって、
この組み合わせのおかずは、我が家の定番。
P1100539.jpg

キッシュの中身だけって感じに近いけれど、
アパレイユは、キッシュよりも卵の割合がちょっと少なくて、
チーズはなし、小麦粉をちょっと入れています。
チーズが入ってない分、生地はとっても柔らかくて、
洋風茶碗蒸し、といった感じです。
P1100550.jpg

ちなみに、アパレイユの配合は、卵2個、卵黄1個、
牛乳、生クリーム各180g、小麦粉15gで今回は作りました。
中の具は何でもお好みのものを入れればOK。
ただ、水分の出るものは控えたほうがいいです。
焼成後は、冷蔵庫で冷やしてから頂きます。
でないと、崩れやすいので。
夏なので、こういう冷たいおかずもいいのでは?。


2010.08.10 Tue 19:38
卵白消費
冷蔵庫にたまっていた卵白を消費するため、
今日のおやつは、卵白を使ったお菓子を焼きました。
卵白消費と言って思い浮かぶものといえば、
マカロンにフィナンシェ、ラング・ドゥ・シャ、
チュイル、マシュマロ、イル・フロタント、などなど。
今日は、その中でも気軽に作れるお菓子、
フィナンシェとラング・ドゥ・シャを作りました。

まずは、抹茶のフィナンシェ。
最近、なぜだか抹茶のフィナンシェにはまり気味な私。
P1100482.jpg

本当はプレーンと抹茶の2種類を作る予定をしていて、
途中まで一緒に生地を作り、最後に2つに分けて、
まずはプレーンを仕上げ、次に抹茶を仕上るつもりでいたのですが、
すでに薄力粉も入って出来上がっているプレーンの方に、
間違えて薄力粉&抹茶を入れてしまい、
結局、抹茶のみになってしまったのでした。

続いて、ラング・ドゥ・シャ。
フランス語で「猫の舌」を意味するこのお菓子、
シンプルな材料で簡単にできる、
私もnicoも大好きな、さくっと軽いクッキー。
P1100452.jpg

焼きあがったものをつまんでいるうちに、
ここにホワイトチョコを挟んだら、
“白い恋人” になるじゃ?ん、と思い、
ホワイトチョコのガナッシュを作って挟んでみました。
P1100504.jpg

ラング・ドゥ・シャだけだと、ついつい食べ過ぎてしまうけれど、
“白い恋人” バージョンにすれば、ちょっとで満足できるので、
美味しいし食べ過ぎ防止になるしで、一石二鳥^^
P1100490.jpg

卵白だけなら、コレステロールの心配もいらないし、
つい冷蔵庫にたまってしまいがちな卵白だけれど、
それで美味しいお菓子がいっぱいできるから便利。
それに、こういう小さな焼き菓子を作っておくと、
ちょっとお茶と一緒に一口ってときにちょうどいいし、
また卵白ためちゃおっかな^^


2010.08.09 Mon 00:03
カルトナージュ
久しぶりにカルトナージュに熱中しました。
子どもが生まれたら、しばらくはカルトナージュはお預けかなぁ、
と思っていたけれど、あまり手のかからないAitoのおかげで、
昼間も好きなことをする時間が、思いのほかあるので、
思い立ったようにカルトナージュを始めると、
思わず熱中していまい、2日で完成させちゃいました。

次に作るときは、あるお友達にプレゼントするもの、
と決めていたので、彼女が喜んでくれそうな生地を選び、
その生地に合いそうな箱、ということで、
“Coffret a bijoux(宝石箱)” を作りました。
P1100459.jpg

シックな感じにしたかったので、中はシンプルに白。
P1100462.jpg

彼女に渡せれるのは、まだちょっと先になりそうなので、
それまで、私のもとでしばらく待機してもらいます。
喜んでもらえるといいな?☆


2010.08.08 Sun 13:53
カステラ
おやつにカステラを作りました。
日本では美味しいカステラが気軽に手に入るけれど、
フランスではもちろん買うことはできないので、
食べたくなったら自分で作るしかありません。
たまに無性に食べたくなることがある私は、
パウンド型で作ったりしています。

今日は、いつものカステラではなく、
素敵なお菓子を作られる遥穂さんのブログを拝見して以来、
気になっていた 、半熟カステラ “パンデロー”
を作ってみることにしました。
卵でも何でも、“半熟” というものに弱い私は、
ず?っとこの半熟カステラが食べてみたかったんです。
P1100399.jpg

うまく焼けたじゃ?ん、と満足気味な私、
そろそろ冷めたころだし、さっそくいただいてみようかしら、
とナイフを入れてみると。。。

ガ?ンッ!!!半熟じゃない?!!!
しっかり火が入って、普通のカステラになってる?(爆)。
P1100416.jpg

うちのオーブンが強すぎるのか、
オーブンから出してしばらく、崩れすのが怖くて、
型に入れたままにしておいたので、
その余熱で中まで火が入ってしまったのか…。
後者の可能性が高いと思われますが。
それにしても、楽しみにしていただけに悲しすぎる。。。
ちなみに、色が茶色っぽいのは、カソナードで作ったからです。

半熟にならなかったのは、残念だったけれど、、
それでも、普通のカステラとして、美味しくいただきました。
失敗すると悔しいので、すぐにリベンジしたくなる性分な私ですが、
冷蔵庫に卵白がありすぎるので、その卵白を使ったら、
またリベンジしてみようと思います。
今度こそ、ふんわりとろ?り半熟カステラ、絶対食べたい!



2010.08.06 Fri 18:37
ママ友
はじめましてのママ友、yayoiちゃんとお会いしました。
先日のNちゃんのお誕生日会で、
noaくんママのAちゃんが彼女とお友達ということが発覚。
直前まで2人で会う予定をしていましたが、
今日はそのAちゃんのお宅へお邪魔してきました。
yayoiちゃん&Aちゃんのママ友とNちゃんも一緒でした。

yayoiちゃんとは、お話する中で
もう一人共通の友人がいることが分かったりして、
世間は本当に狭いなぁと実感。
おっとりとした、とっても感じのいいyayoiちゃん、
お互い第一子で同じくらいに生まれているという境遇と、
共通の友人がいることもあったりして、
前から知っているかのような感じで、
はじめましてって感じがしませんでした^^

こちらがyayoiちゃんの可愛いべべちゃん、キアラちゃん♪
色が白くてお目目ぱっちり、ハーフ?って感じでとっても可愛い^^
P1100375.jpg

キアラちゃんとAito、2カ月違いではあるものの、
体重はほんの数百グラムしか変わらない。。。
けど並んでみると、やっぱりキアラちゃんの方が大きかったな。

そして今日のAitoは、終始ご機嫌というわけにはいかなかったけれど、
それでも、いい笑顔をみせてくれました^^
P1100385.jpg

元気に遊ぶ子どもたちを横に、
ママたちは甘いものをいただきながら、
ひたすらおしゃべりに花咲かせます。
私にとってまだまだ数少ないママ友、
先輩ママやyayoiちゃんのように同じ境遇のママと、
色んなお話ができるのって、とっても心強いし、
それに、同じみんな年代だし、何よりも楽しい^^

ちなみに、今日いただいた甘いものは。。。

yayoiちゃんの作ってきてくれた、無花果のタルト。
さくっさくのタルトが美味しさを引き立てる、絶品タルトでした♪
P1100383.jpg

私は、焼き菓子の詰め合わせを持って行きました。
P1100360.jpg

中身は、抹茶のフィナンシエに、
無花果のケーキ、紅茶のサブレの3種類。
P1100333.jpg

それに、Nちゃんの作った抹茶のプリンもありました。
産後落ち切らない3kgが、まだまだ私には残されているというのに、
今日もまた、こうしておやつ食べ過ぎちゃいました。。。
授乳で痩せるのかなぁ、なんて思っていた私でしたが、
どうやらそれは甘かったようです。
やっぱり努力しないと痩せませんねぇ。今日も反省…。


2010.08.04 Wed 19:18
おめでとう☆
今日は、お友達Nちゃんのお誕生日。
毎年、お誕生日会を催す彼女、
今年はなしかな?と言っていたけれど、
急きょ、やっぱり今年もやります!と連絡をもらい、
とってもお洒落なNちゃん彼宅へお邪魔してきました。
P1100288.jpg

毎年、美味しいお料理を作って迎えてくれる彼女、
今年もオリジナリティー溢れる家庭料理を、
たくさん用意してくれていました。
P1100275.jpg

私もデセールに、お菓子教室で習った
抹茶とフランボワーズのティラミスと、
ドライ苺のミニフィナンシエを持って行きました。
このティラミス、彼女から食べてみた?いと言われていたので、
お誕生日に作ろう、と前々から決めていたんです。
彼女が気に入ってくれたことはもちろん、
他の日本人からもフランス人からもみんなから、
とっても美味しい!と評判で、とっても嬉しかった^^

それから今日は、11か月になるNoaくんも一緒でした。
しっかり立っちして、匍匐前進で力強く歩きまわるNoaくん、
歩き始める日も、遠くはないんだろうな。
そんなNoaくん、とっても可愛かったです♪
P1100295.jpg

そしてAitoはといえば、今日もnicoパパの腕の中で、
ほとんと寝ることもなく、ずっと大人しく座っていました。
P1100283.jpg

今年もNちゃんにとって、
実りある幸せな一年となってくれるといいな。
Nちゃん、お誕生日おめでとう☆


2010.08.01 Sun 18:25
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。