2010.04.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2010.06.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
ご報告!
5月26日17時20分、3280g、49.5cm
元気な男の子を無事出産しました。
名前はAito、どうぞよろしくお願いします。

5.jpg


元気で、思いやりのある男の子に育ってくれるよう、
これからはAitoとともに成長していきながら、
nicoとともに子育てに励んでいきたいと思います。
これからも私たち3人を、温かく見守っていただけたらと思います。

さて出産ですが、妊娠期間同様、全て順調にこと運び、
初産とは思えないスピード安産となりました。
出産までの様子を、記録として残しておきたいと思います。


スポンサーサイト
2010.05.30 Sun 10:33
シャンゼリゼ
先週までの寒さがウソのように、
今週末のパリは一気に暖かさが戻り、
ノースリーブでOK、一気に夏到来?といった感じです。
そんな今日は、外での時間をしっかり楽しんできました。

まず昼間、普段はあまり行かないシャンゼリゼへ。
昨日、ニュースで今日と明日のみの2日間、
Nature Capital」というイベントが行われる、と聞いたので、
お天気もよいことだし行ってみよう!ってことで、
混んでいるの覚悟で出かけてきました。
様々なイベントやアートを創出すクリエイター、
ガッド・ウェイル氏の指揮のもと、
シャンゼリゼをお花&お野菜畑に大変身させるこのイベント、
普段は人と車でいっぱいのシャンゼリゼが、
ここはどこ?という、自然に溢れた通りになっていました。
P1090184.jpg

黄色の鮮やかな菜の花もとっても綺麗だけれど、
今日のような、太陽いっぱいの空のもとには、
ヒマワリがよく似合います。
P1090180.jpg

グリーンピース、サラダ、サトウキビ、パイナップル、
トマト、かぼちゃ、ポワロー、etc...
ありとあらゆるお野菜たちが、きれいに植えられていました。
P1090203.jpg

そして、夕方からは我が家のすぐお隣、
ビュット・ショーモン公園で、
ご近所友達Mさん一家&お友達Tさん一家とともに、
お弁当を持って、夕飯がてらピクニック。
今日みたいなお天気の日には、当然のことながら、
ここもものすごい人の数。
芝生も、夏の海水浴場かのように混み合っていました。
閉演時間までしっかりと楽しんでいた私たちですが、
明日も祝日でお休み、ということもあってか、
その時間になってもたくさんの人で賑わっていました。

今のおうちに引っ越してきてまだ半年なので、
ここで夏を迎えるのは初めてですが、
今年の夏は、いつでも気軽にピクニックができる?、
と思うと楽しみでなりません。
べべが産まれたら、お散歩コースとしても大活躍だし、
気軽にピクニックやお散歩ができる、
こういう大きな公園がお隣にあることを、
あらためてありがたく感じた今日でした。


2010.05.23 Sun 22:41
抹茶とホワイトチョコのケーク
いつもうっと?りしながら拝見させていただいている、
素晴らしいお菓子の数々を作られるこの方のブログ
こんなお菓子を自分で作れてしまうなんて?、
そして、こんな美味しそうで素敵なお菓子を食べられる、
ご家族やご友人が羨まし?ぃ、と思いながら見ている私。
レシピや作り方も事細かに紹介されているんですが、
それでも、私には到底作れそうにないものばかりなので、
完全に見てるだけ?、な私なのですが、
最近、これなら私にもできるかかも?、
というケーキを紹介されていたので、作ってみました。

それはこちら、抹茶とホワイトチョコレートのケーク
抹茶好きの私にはたまらないお菓子です。
P1090123.jpg

基本のキャトル・キャールに、手を加えた感じのレシピです。
抹茶の使い方がかなり贅沢で、抹茶好きにはたまりせん。
抹茶がレシピ分なかったため、ちょっと少なめなので、
お手本のケーキよりは、抹茶薄めですが。。。

仕上げの抹茶ガナッシュは、生クリームを切らしていることに
気付かずに作り始めてしまったため、
抹茶とホワイトチョコでアイシングにしてごまかしちゃいました。
けど、なんだか安っぽい感じに仕上がってしまい、納得いかず。。。
P1090160.jpg

このホワイトチョコ、ただのホワイトチョコではなく、
塩の華を混ぜこんだ、塩味のホワイトチョコという変わり種。
どんな味なんだろ?、と楽しみに食べてみると、
このホワイトチョコがいい感じにケーキになじみ、
しっとりしていて、とっても美味しい!
P1090150.jpg

レシピ通りに忠実に作ったつもりだったけれど、
なんか違うような気もしますが、
それでも十分に美味しくいただけたので満足^^
シンプルなキャトル・キャールも、
ショコラを加えたり、シロップをアンビベしたりすると、
しっとり贅沢なケーキに変身してしまうんですね?。
このケーキ、時間がたつとさらに落ち着いて、
美味しさが増すこと間違いなしなので、
明日からまたゆっくり味わいたいと思います。

kanakoさん、素敵なレシピの紹介、ありがとうございました!
これからも楽しみに拝見させていただきますね?♪



2010.05.21 Fri 15:21
これでしばらく。。。
今月も、いつものペースで、
2回カルトナージュのレッスンに行ってきました。

前回のレッスンで作ったのは、トレー。
一見、なんてことのない形ですが、
流曲線を書くことから始めるため、
これが案外、手間と時間のかかる作業なんです。
1辺ずつ流曲線を描いていったので、
おかげでも流曲線は完全(?)マスター!
P1090113.jpg

そして、今日作ったのはシンプルな蓋つきの箱。
そういえば、蓋をかぶせる箱ってちゃんと習ってなかったな、
てことで、蓋と本体のサイズ計算を習いました。
ちなみに、サイズは大き目でA3サイズがすっぽり入る大きさです。
P1090111.jpg

今日のレッスンを最後に、しばらくお休みすることになります。
楽しみにしていた時間だったし、行かれなくなるのは残念ですが、
それもちょっとの間だけの辛抱。
産後落ち着いたら、なるべく早く復帰したいと思います。



2010.05.20 Thu 22:55
いよいよ。。。
今日、おばさまご一行は日本へ帰路へとつきました。
昨日また火山灰の影響で、ロンドンやアムステルダムの空港が
閉鎖されたと聞き、パリへの影響も心配していたのですが、
幸い問題もなく出発できたのでよかったです。
それに、出産も間近だし、案内できなかったらどうしよう…
という心配もまったく無用だったようで、
無事、パリ案内という任務を遂行できたことに一安心。
パリを存分に満喫してもらえたことを願うばかりです。
これで私も安心して出産を迎えることができます^^


さて、出産までいよいよあと数日となってきました。
(フランスでの予定日は6月1日、日本での予定日は5月20日。
フランスで出産した友人・知人の話を聞いていると、
たいていみんなフランスの予定日よりも
1,2週間は早く産まれてきているが多いようですし、
フランスでは「この日までに産めば大丈夫!」的な感じらしいので、
5月中には産むことになるんだろうなと思っています。)


ここまでの妊娠期間、何の問題もなく過ぎてきました。
あえて言うのであれば、足の付け根の関節が痛むことと、
便秘になることがつらかったくらい。
毎月の検診でも(フランスでは最初から最後まで検診は月1回のみ)、
言われることばは「すべて順調!」のひとことのみ。
さすがにここ数日前からは、どの向きで寝ても、お腹が重たかったり、
寝返りを打つのも、腰が痛くてつらかったりで、
熟睡出来なくなってきましたが、それ以外は元気です。
伯母たち滞在中も、一日中歩き回れたくらいですからね。

妊娠中期で注意された体重のことも、気をつけていたので、
最近まではあまり増えることもなくきていました。
ところが、この1カ月の食べ歩きがさすがにきいたようで、
なんと一ヶ月で3kg増!
ラストスパート、最後の2カ月は一気に増える、
と聞いてはいたものの、ちょっと増えすぎました。
今さらながら、調子にのって食べ過ぎた…と後悔。
そんなこんなで結局、今現在で9kg増。。。
8kg以内で抑えようと思っていたのにな。。。
といっても、今さら遅い。。。
産後は一日でも早く戻るようにがんばります!

それから、後悔というか、できなかったことがひとつ。
それは、お腹のベベへの話しかけ。
名前を決めたほうが呼びかけもするんだろうな、と思って、
性別が分かった時点で名前も決めたのに、
なんだか自分に照れてしまって、話しかけられなかった私。
妊娠しても、自分が母親になる、という実感には、
欠けていたような気もするし、そいうのもあったんだけど…。
それに引き換え、nicoはといえば、毎日x2ことあるごとに、
べべの名前を呼びながら、何かしら話かけていました。
お腹の中にいても、こういう気持ちってきっと伝わっているんだろうな、
と思うと、もっともっとお腹にいるうちから、
べべと会話しておけばよかったな、って今さら思うんですよね。
今からでも遅くないし、出産までべべとたくさんお話しようと思います。

これからは毎日、今か今かとドキドキと過ごしていくことになりそうです。
お腹の張りすらほとんど感じたことのない私なので、
陣痛の痛みを考えると、ちょっと怖いですが、
べべに会える日を心待ちにして、残り数日の妊婦ライフも、
元気に楽しく過ごしたいと思います!




2010.05.18 Tue 19:52
L'ourcine
5月とは思えない寒さのパリ、
風が吹いたりしたら、思わず震えてしまうほどです。
もう少し温かければ、パリ観光ももっと気持ちよくできるのに、
と思いながら、今日は伯母ご一行様のパリ案内をしてきました。

パリ観光、初日の今日は、
サントシャペル教会、ノートルダム大聖堂、モンマルトルの丘、
をの?んびりと回り、残りの時間をお買い物、
という感じで一日が過ぎました。

モンマルトルの丘は、日本からだれかが来ると必ず行くスポット。
普通は、下町情緒漂う雰囲気を味わいながら、
モンマルトルの丘をのんびりと歩き、
サクレ・クール寺院の前からパリの景色を楽しむ、
という感じで回るのですが、
今回は、いつもと違うモンマルトル観光となりました。
まず、モンマルトルの丘の麓から頂上まで、
ケーブルカーで一気に上り、テアトル広場をちょこっと見物。
そして、汽車の形をした小さな観光トラムに乗って、
モンマルトルの見どころをゆっくり周遊。
サクレ・クール寺院のを見学し、ケーブルカーで麓に下りる、
という、体力をなるべく使わないコースで。
からだの重たい私には、あの丘陵地を歩くのはしんどいし、
こういうベタな観光もなかなかよかったです^^


一日しっかり歩いた後は、ビストロで夕食。
家庭的な雰囲気で、肩肘張らずに行ける気軽なビストロ、
そんなところに行きたいという希望だったので、
今回は “L'ourcine” に行ってきました。

今夜、私がいただいたものは。。。

前菜 : Veloute cremeux de poissonn de roche,croutons et ciboulette
(お魚のクリーミーなスープ、クルトンシブレット)
P1090081.jpg
今日一日寒くて冷えてしまったからだを温めたくて、
温かい前菜を選びました。
お魚のスープといえば、塩気が強いのが当たり前なのですが、
それでもやっぱり、しょっぱ?いと言わずにはいられない。
美味しいんだけど、塩分がやっぱり気になっちゃいました。


メイン : Joue de boeuf braisees, poelee de legumes d'ete,
jus aux olives noires
(牛ほほ肉の蒸し煮、夏野菜のソテー、黒オリーブのジュー)
P1090083.jpg
牛ほほ肉、最近食べてないなぁと思ってこれにしました。
柔らか?く煮込まれたお肉、とっても美味しかったです。
ただ、これもオリーブからきているのか、塩分強めでした。


デセール : Blanc manger au fromage blanc a la vanille de tahiti,
premires fraises gariguettes
(フロマージュ・ブラン、タヒチ産バニラのブラマンジェ、苺ガリゲット)
P1090089.jpg
ガリゲット大好きな私、ガリゲットがたっぷりで
サービスされた瞬間、にんまり^^
ブラマンジェも苺も美味しかった?。

と、私は美味しくいただいたのですが、
フランスの味に慣れていない伯母たちには、
慣れない食材、食べ慣れない味なんかもあったりしたので、
どのくらい満足してもらえたかどうかは、正直微妙。。。
けど、こういう雰囲気を味わえてもらえただけでも、
パリの思い出ということで、
よかったことにしてもらえればと思います。


L'ourcine
92 rue Broca 75013 Paris
tel : 01 47 07 13 65
日月休み



2010.05.13 Thu 23:18
レバノン料理
オランダからT嬢がパリに来ているので、
カルトナージュのY先生と3人で、ランチに出かけてきました。
今日行ったのは、Y先生の知っているレバノン料理のお店。
庶民的なレバノン料理をイメージしていた私でしたが、
小奇麗でモダンな雰囲気の、いい感じのレストランでした。
P1090076.jpg

いただいたのは、お昼のメニューにあったプレートランチ。
チキンのマリネ、ムサカ、ファラフェル(ひよこ豆のコロッケ)、
ひよこ豆とごまのピュレ、パセリやミントのハーブサラダ、
がちょこっとずつ、これを薄いピタパンと一緒にいただきました。
P1090064.jpg

デセールは、フランと小さなお菓子を頼んでシェア。
さっぱり薄味のフランは、苺のソースとオレンジのキャラメルをかけて。
オレンジのキャラメルソースがとっても美味しかったです。
お菓子はアラブ菓子で、アーモンドやはちみつ、
パート・フィロを使ったもの。
ミントティーと一緒に美味しくいただきました。
P1090071.jpg

liza
14 rue de la Banque 75002 Paris
tel : 01 55 35 00 66



今日はこの後、伯母+友人2人のおばさま御一行が日本から到着。
6日間の滞在中3日間、パリを案内することになっています。
出産直前だし、大丈夫かなぁと心配していたけれど、
お腹もしっかり大きくなり、重たさを感じるようになったものの、
無理さえしなければ変わらず元気に動けるので一安心。
パリ滞在を存分に楽しんでもらえるように、
案内役をしっかりと努めたいと思います!


2010.05.12 Wed 21:06
Bistro Volnay
もうすぐ日本に帰国されてしまうMさんとの最後のお食事に、
kana_cocoさん&akaruisoraさんとランチに出かけてきました。
Mさんとは出会って間もないけれど、その短い間に、
何度も美味しいものを囲んで、楽しい時間を過ごしてきました。
最後となる今回も、美味しいものを食べよう!
と向かった先は、ビストロ “ Bistro Volnay ”。

お店に入ると、ビストロのわりにはシックな雰囲気。
客層も、私たち以外はビジネスマンのみで、
都会のビストロ、といった感じでした。
お料理はお昼も夜も同じで、
前菜・メイン・デセールのムニュ(38euro)のみ、
とビストロにしてはちょっとリッチなお値段ですが、
お店の雰囲気からすると、そんな感じかなといったところ。

今日いただいたきたものは。。。

アミューズ : サバのリエット
P1090050.jpg

前菜 : Morilles blondes des montagne etuvees au naturel,
asperges vertes de Pertuis et oeuf casse
( モリーユ茸の蒸し煮、グリーンアスパラと半熟卵 )
P1090051.jpg
おうちではなかなか味わえないモリーユ、
今が旬のアスパラ、ということでこれを選びました。
温泉卵のような半熟卵とソースをからめて、
美味しくいただきました。


メイン : Filet de bar cuisine a la grenobloise
( スズキのglenoblose(?)風 )
P1090055.jpg
ソースは、アンチョビ、ケイパー、オリーブ、オリーブオイル。
パリッとポワレされたスズキもこのソースも、
とっても美味しかったです。


デセール : Grosse gaufre sevie tiede,
compotee de fruit rouges et sorbet framboise
( 温かい大きなワッフル、赤いフルーツのコンポート、フランボワーズのソルベ )
P1090057.jpg
“大きな” というのに惹かれて頼んだ、食いしん坊な私です。
どんな代物が出てくるのかしら??と楽しみにしていると、
確かに大きいけれど、フランスでは普通サイズ?という感じ。
けど、たしかにデセールとしては大きかったです。
ボリュームはあるけれど、さくっととっても軽いし、
ソースやソルベも酸味のきいたさっぱり味だったし、
ぺろっと食べられちゃいました。


最後にカフェとともに出されたミニャルディーズ(と呼べるのか…?)
これにはちょっとびっくりしちゃいました。
なんと、ボンボン(飴)の山。。。
P1090059.jpg
お料理の質やお値段、お店の雰囲気を考えると、
なんでこれ…?といった感じ。。。
こういのも可愛くていいけど、ちょっとでいいから、
ちゃんと作ったものを出してほしかったな、って感じでした。


楽しいおしゃべりと美味しいお料理とともに、
Mさんとのパリ最後のひとときを楽しく過ごせました。
Mさん、しばらくお会いできなくなってしまいますが、
日本に戻られてもお元気で?!!!
またパリにいらっしゃる機会がれば、
是非また美味しいもの食べに行きましょうね?!


Bistro Volnay
8 rue Volney 75002 Paris
tel : 01 42 61 06 65
土日休み



2010.05.10 Mon 19:11
La Bigarrade
1か月前から予約をして、楽しみにしていたレストラン、
La Bigarrade” へYちゃんとランチに行ってきました。
オープンして1年(2年?)の2009年にミシュラン1つ星、
今年2010年では2つ星を獲得した話題のレストラン。
予約もタイミングが合わないとなかなか取れない。
ずっと行きたいなぁと思いつつ、
予約は1カ月以上前でないと取れないし、
なかなか行けるチャンスがなかったのですが、
食べ歩き熱がマックスな今、いつでもいいから空いてる日を、
と思って予約を入れました。
それがちょうどYちゃん滞在中にはまり、
いいタイミングで行くことができました。


お昼のメニューは、“carte blanche (カルト・ブランシュ)45ユーロ” のみ。
carte blanche ::メニューはなく、シェフお任せのコースのこと
小さなポーションで、お野菜&お魚中心の、
たくさんのお皿を楽しむことができました。
全て書いていくと、とてつもない数になってしまうので、
ざ?っと簡単に覚え書程度に載せておきます。


・フォカッチャ、トスカーナ産オリーブオイル
・crevette grise(小エビ)のフリット
・グラニテ(ライムだったかな?)と貝
・仔牛のカルパッチョ、黒にんにくのピュレ
・マグロ、オニオン(エシャロットかも)のソース
bigarrade1.jpg

・イカ、和牛、セロリ
・グリーンアスパラガス
・フォアグラと貝
・st-pierre(まとう鯛)、ケイパー、松の実
・lapin(ウサギ)とモリーユ茸、からし
bigarrade2.jpg

・シェーヴル2種
・キウイのソルベ、ルバーブのシロップ、レモンのムースとカリフラワー
・グリーンアスパラ、砂糖のチュイル、フロマージュ・ブランのムース
・ダコワーズ、バニラクリーム、ヌガティーヌ
・ショコラのムース、ショコラのケーキ
bigarrade3.jpg

どれもこれも美味しいだけでなく、見た目にも美しく、
満足のいくお料理の数々でした。
日本の食材もけっこう取りこまれていました。
ここ何年かの流行りですし、こっちの人にしたら、
新鮮でいいのでしょうね。
デセールには、甘い中にお野菜が取り込まれていたりして、
シェフの斬新なアイディアを楽しむことができました。
不思議だったのは、お料理をいただきながら、
フロマージュのお皿以外、パンがサービスされないこと。
なぜなのか気になったので、聞いてみたかったのですが、
時間的に余裕がなくて聞けなかったです。

何はともあれ、これだけの味を楽しませていただけ、
かなり満足のいくコースでした。
そして、Yちゃんのパリ滞在、最後のしめにふさわしい、
美味しく幸せなひとときとなりました。


La Bigarrade
106 rue Nollet 75017 Paris
tel : 01 42 26 01 02




2010.05.08 Sat 08:18
ロンドンからの。。。
3月にロンドンに遊びに行った際、
しっかりお世話になった学生時代の友人、
Yちゃんが、今日まで3日間遊びに来ていました。

3日間の内容をざっと思い返すと。。。

まずは初日、お昼ごろ我が家に到着したので、
キッシュとサラダでお昼ごはんにしました。
そして、クロテッドクリームをリクエストさせてもらっていたので、
Yちゃん到着前に用意しておいた、
スコーンと紅茶のサブレでお茶をして、ちょっとまったり。
他にもロンドンのお土産に、
ビオの紅茶 “Clipper” のハーブティと、
ノワゼットのワッフルをいただきました。
P1080969.jpg


2010.05.07 Fri 19:22
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。