2009.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2009.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
La Tarte Tropezienne
あっという間に、8月も今日でおしまい。
ブルターニュ行ったり、南仏行ったりと、
今年は、楽しいこといっぱいの満足度大な夏でした。

そんなこの夏の思い出を振り返りながら、
今日は南仏での思い出のひとつ、
“La Tarte Tropezienne” を作ってみました。

まずは、fleur d'oranger を入れたブリオッシュを作ることから。
バターたっぷりのブリオッシュ、捏ねるのとっても大変。
なので、ここはnicoにお任せさせていただき、
私は中のクリーム作り。
カスタードとバタークリームを作って、合わせます。
バニラビーンズたっぷり入れて、
バニラの香りたっぷりのクリームに仕上げました。
P1070004.jpg

最後に粉糖ふるし、ドレ(卵を塗る仕上げ)はいいよねぇ、
なんて、ドレをはしょってしまった私たち、
そのほんのひと手間をかけなかったのと、
焼きが浅かった(オーブンのせいにしてますが・・・)のと両方で、
色白、つやなしのブリオッシュになってしまいました・・・(涙)。

見た目はさておき。。。
fleur d'orangerがほんのり香るブリオッシュと、
バニラたっぷりのクリームの、
美味しいトロペジエンヌができました^^
P1070011.jpg


ところが食べながら、何か足りない気がする?、と思っていた私、
南仏で食べたトロペジエンヌの写真を見返してみると。。。
latartetropezienne.jpg

本場のトロペジエンヌには、
ブリオッシュにアーモンドがかかっていたんですね。
お店によって、スライスだったり、ダイスだったりはしますが。
次に作るときには、忘れずにちゃんとかけないと。
アーモンドがあるかないかでは、
食感も味もちょっと違ってきますからね。

と今日は、トロペジエンヌを味わいながら、
南仏で過ごした楽しかった時間を思い出した私でした^^


スポンサーサイト
2009.08.31 Mon 19:48
桃のコンポート
夏のフルーツの定番、pêche(ペッシュ)、桃。
夏も終わりに近づき、ペッシュとのお別れも近づく今日この頃、
今年もしっかり堪能したペッシュですが、
もうすぐお別れなのかと思うと、またまた無償に食べたくなります。
そんなわけで、最近はミラベルやイチジクにそそられがちだった私、
またまたペッシュを買ってきたのであります^^
P1060839.jpg

ちなみにフランスの桃は、日本の桃とは
同じなようでちょっと違います。
まず、大きさは日本の白桃よりもひとまわり小さい。
そして、果汁たっぷりな白桃に比べると、
ジューシーさには少しかけ、身のしまった感じ。
甘みも白桃ほどではないです。
種類は3種類あって、pêche blanche(白桃)、pêhce jaune(黄桃)、
それに、pêche plate(平らな桃)。
pêhce jaune のほうは甘酸っぱく、
pêhce blancheのほうはさっぱりとした感じの甘み。
pêche plate(平らな桃)は3つの中では一番甘く、
日本の白桃により近い感じがします。
P1050531.jpg

普段は、pêche plate を買うことが多いのですが、
大親友、“えセレブ ” ことHitomiちゃんのblogで拝見した、
この桃のコンポートを作りたかったので、
今回はpêche blancheを買ってきました。

その、桃のコンポートがこちら♪
淡?くきれいに染まったピンクのシロップ、
その一部をゼリーにして、コンポートに添えていただきました。
P1060969.jpg

残りのシロップをアイスティーに加えて、
ピーチティーにしてコンポートと一緒に楽しみました。
さらに残りは、炭酸水で割ってサイダーにもしてみます^^


そして、もうひとつ。
ミルクとはちみつのゼリーと桃のコンポート♪
ゼリーは、ゼラチン少なめでプルンプルンに。
P1060989.jpg


一度に3度楽しめる、大満足なコンポートができました。
Hitomiちゃん、美味しいルセットありがとう^^



2009.08.29 Sat 19:42
瓶の蓋に♪
コンフィチュールの瓶に、
クロスステッチで刺繍をちょこっと施した、
カバーを作ってみました♪
P1060911.jpg

お友達のお宅にお邪魔し、ミシンを借りて、
丁寧に教えてもらいながら、ゴムになるように縫いました。
久しぶりにミシンを使ったので、めっちゃ緊張しました。
ミシンを使ったのなんて、中学の実習以来?
てことは。。。。。。。15年ぶり!?
久しぶりなんてものじゃないですね。
お世辞にもきれいに縫えてるとは、
当然いえない仕上がりです・・・(汗)。
P1060916.jpg

プレゼントにするときは、
リボンを付けてちょっとおめかし♪
P1060949.jpg



2009.08.28 Fri 19:14
コルドンごはん
タルト・トロペジエンヌ” をコルドンで習った、
との情報をいただいので、
ルセットを探すべく、しっかりしまいこまれていた、
コルドンのルセットを引っ張り出してきました。
P1060799.jpg

トロペジエンヌをコルドンで見た記憶がない私は、
初級・中級・上級、と順に調べていきました。
が、結局見当たらず。。。残念。。。
料理のコースではなく、パティスリーの方だったのでしょうか。

ルセットを眺めているうちに、
シェフのデモを一生懸命メモしたルセットが懐かしくなり、
久しぶりに作ってみたくなりました。
P1060804.jpg

ということで、今日の夜ごはんはコルドンごはん。
とはいえ、コルドンのルセットって、
あれこれ材料の調達が面倒なもの案外多い。。。
なので、今日はシンプルな作りやすそうなものを選びました。


まずは、前菜に・・・。
" Petit tomates farcies au maigre de fromage de chèvre "
(シェーブルのトマトファルシー)
P1060826.jpg

シェーブル(チーズ)に、赤玉ねぎ、なす、ズッキーニ、
パプリカ、バジルなどを混ぜて、トマトに詰めたもの。
夏野菜を使った、さっぱりとした、
今の季節にぴったりの前菜となりました。


そして、メインは・・・。
" Filets de daurade poêlés au fenouil "
(鯛のポワレ、フヌイユ)
P1060835.jpg

フヌイユ(ウイキョウ)はゆっくり炒め、
ソースは鯛の骨で撮ったフュメ・ド・ポワッソンに、
パスティスとスターアニスで香りを付けます。
ポワレした鯛に、フヌイユを挟みました。

普段からルセットを見ながら料理をしない私は、
ルセットを見ながら料理をすることにちょっと疲れちゃいました。
なのでデセールは、コルドンルセットで作る気力はなく、
おやつと同じくミラベルのタルトで。

ぱっと見、なんてことない今日もお皿たあちも、
けっこう手がかかってるんですよね。
なかなか普段は、ちゃんとフォンから取ったりはしないけれど、
たまに作る分には、面倒でもソース作ったりするのも楽しい。
手間がかかるものが多いこのコルドンルセットですが、
せっかく習った貴重なルセットを、眠らせておくのはもったいし、
これからは自分なりにアレンジしつつ、もっと活用しようと思います。



2009.08.26 Wed 19:16
ミラベルのタルト
朝のマルシェも、スタンドはまだまだ少ないものの、
人の出がたいぶ戻ってきたような気がします。
ヴァカンスもいよいよ終わりに近づいてきたんですね。

今朝もまた、ミラベル買ってきました。
2週間前は3ユーロ/kg だったミラベルも、
今日は2ユーロ/kg 切ってましたね。
あまりの安さに、思わず3kgも買ってしまいました。
まずはタルトを作って、残りは食べる用と、
またまたコンフィーチュール用。
空瓶がある限り、コンフィチュールを作り続ける私です。

ということで、さっそくミラベルのタルトを作りました。
パート・ブリゼとクレーム・ダマンドを用意したら、
種を取ったミラベルをぎっしり敷き詰めてオーブンへ。
P1060808.jpg

冷蔵庫にあまっていた生クリームを添えてみたものの、
生クリームはいらなかったな、と。。。
P1060818.jpg

完全に冷めきらぬうちにおやつに、
しっかり冷えたものを夜ごはんのデセールに、
と2回も食べた食いしん坊な私。
夜食べた、しっかり冷えてからのもののほうが、
クレーム・ダモンドがしっとり落ち着いて、
断然美味しかったです。


2009.08.26 Wed 18:33
猫さんの箱
ブルターニュに行った際、
お庭のテーブルでチクチクしたもののひとつ、
猫さんのクロスステッチ。
これを使って、カルトナージュで箱を作りました。
P1060779.jpg

ピンクのリボンで、女の子に♪
P1060776.jpg



2009.08.25 Tue 13:16
GROM
今日のおやつは、ず?っと気になりつつ、
なかなか行くチャンスのなかった、
“GROM” のジェラート♪
IMG_4693.jpg

イタリアはトリノ初の“GROM”、
パリには去年オープンしているのですが、
東京にも今年の春にオープンしたみたいですね。
着色料、保存料などの添加物は一切使用してない、
からだにやさしいジェラートをいただけます。

今日食べたフレーバーは、
GROM(ピエモンテ産ビスケットとコロンビア産チョコチップ)、
ヨーグルト、それに、アプリコットのソルベ。
GROM は、店名だけにきっと美味しいに違いない!
と思って選んだのですが、期待を裏切らない美味しさでした。
ヨーグルトとアプリコットもめっちゃ美味しかったです^^

美味しいとは聞いていたものの、
想像以上の美味しいジェラートでした!
近いうちまた足運ぶこと、間違いなさそうです。


GROM
81 rue de Seine 75006 Paris
夏 : 11-24h 冬 :12-23h





2009.08.24 Mon 17:36
木漏れ日
今日もパリは、雲ひとつない快晴。
午後のひとときを友人たちともに、
ヴォージュ広場で過ごしてきました。
P1060717.jpg

夏も終わりに近づいているのかと思えば、
ここ最近、また夏が舞い戻ってきたかのように、
暑い日が続いているパリ。
今日も日焼けにいそしむ人がたくさんいました。
P1060715.jpg

そんな中、とってもきれいな光景を目にしました。
それは、広場の片隅にできた木漏れ日の道。
読書する人、おしゃべりを楽しむ人でこちらもいっぱい。
P1060722.jpg

こんなふうに公園でただのんびり過ごせるのも残りわずか。
温たかく、青空がつづく今のうちに、楽しんでおかなくては。



2009.08.23 Sun 09:39
チーズケーキ
今日はおやつに、先日のお菓子教室で習った、
ベイクドチーズケーキを焼いてみました。
いただきものの、手作りサクランボのコンフィを添えて、
とっても美味しくいただきました♪
P1060705.jpg

結果的にはうまく焼けたのでいいのですが、
お菓子教室で作ったときのように、
ぷく?っと上がってきませんでした。
というのも、最近我が家のオーブンは調子が悪く、
下火がとっても弱いんです。
そろそろ寿命が近づいてきているのかしら。。。


2009.08.22 Sat 13:47
救急箱
今月のカルトナージュのレッスンでは、
持ち手のある箱を習ってきました。
サイズは小さめで、12×20cmくらい。
この箱見たとき、「これで救急箱!」とピンッときた私は、
クロスステッチを取り入れて作ってみることにしました。
boite de secours1

救急箱といえば、やっぱりイメージカラーは赤。
ということで、“Le Croix & La Manière”の、
リネン地に赤い水玉の布地を選びました。

クロスステッチで作った十字架は、
こんなもんかなぁ、とイメージで作ってみたところ、
思いのほかちょうどいいサイズに可愛く仕上がって大満足。
「boite de secours」は、フランス語で救急箱の意味。
こちらは、本のabc...を見本に組み合わせて作りました。
これも、ちょうどいいサイズに完成したので一安心。

持ち手部分の丸いくり抜きにはちょっと苦労しました。
それに、いつものことながら、
ふたを取り付けるときにも苦戦しましたが、無事完成。

boite de secours

出来上がったら早速、お薬を入れてみました。
このサイズでは救急箱には小さいかな、と思っていましたが、
入れてみると案外このコンパクトさがちょうどよかったです。
またまたお気に入りの箱ができて、大満足な私でした^^


2009.08.21 Fri 18:52
ミラベル
待ち待った、ミラベルの季節がやってきました。
先週あたりから、マルシェに並ぶようになり、
マルシェに行く楽しみがまたひとつ増えました。
P1060636.jpg

ミラベルとはプラムの一種で、日本では見ないフルーツのひとつ。
ちょうど巨峰くらいの大きさで、見た目も可愛い。
私の大好きなフルーツのひとつです。
ミラベルの旬は短く、8月中旬から1カ月ほどのみ。
それだけに、そのまま食べるのはもちろん、
ここぞとばかりにコンフィチュールを仕込んだり、
タルトを焼いたりと、ミラベルをしっかり楽しめるのが今!


ミラベル第1段、まずはコンフィチュール。
南仏のヴァカンスに出る前に一度、
そしてまた今、コンフィチュールをコトコト煮ています。
P1060637.jpg

次はタルトを焼いて、ミラベルを楽しみたいと思います。
サクランボに続き、しばらくミラベル三昧になりそうな私です^^


2009.08.20 Thu 20:07
Marseille
最終日、帰りのTGVに乗る前に、
マルセイユ観光をしました。
IMG_4692.jpg

マルセイユ=治安が悪い、危険、
などといったマイナスなイメージを持たれがちなこの町、
私も、そんなイメージを持っていただけに、
4年前ニースに留学した際も、プロヴァンスに旅行で来た際も、
マルセイユを訪れることは一度もなく、今回が初めてのマルセイユ。
けれど、マルセイユはきれいなところよ、
というフランス人も意外と多かったりします。
それだけに、今回のマルセイユ訪問は楽しみにしていました。


2009.08.20 Thu 01:20
Saint-Tropez
Toulonからバスに乗って日帰りで、
Nちゃんと二人、StーTropez へ行ってきました。
サン・トロペといえば、南仏で最もスノッブな、
ブリジット・バルドーが住んでいることでも有名な町。

港には、豪華なクルーザーがいっぱい。
この写真は午後撮ったものなのでですが、
お昼前に通りかかったときには、たくさん並んでいました。
夜は夜で、きっと豪華なクルージングを
楽しむ人がたくさんいるんでしょね。
IMG_4659.jpg

高台にある “La Citadelle (要塞)”に上ると、
サン・トロペを一望できます。
屋根のオレンジ、青い海は、
どこの南仏の町ともあまり変わらないのですが、
クルージングの船の数の多さが、サン・トロペらしい感じ。
IMG_4648.jpg


港やお店のたくさん並ぶ通りは人、人、人、
でも、ちょっと入ると静かで可愛い町並みも。
IMG_4636.jpg


想像はしていたのものの、人の多さには驚きました。
7、8月のバカンスシーズンにはに限ってのことなのでしょうけど。
あとは、ベントレーやマセッティなどの、豪華な車もたくさん見かけました。
南仏一スノッブな町、というだけありますよね。


そして、最後にここで忘れてはならないものを買って、
バスに乗り、帰路に着いたのでした。
そのサン・トロペで忘れはならないものとは。。。



2009.08.19 Wed 14:41
Sanary-sur-Mer
Sanari-sur-Mer という町に、少しだけ立ち寄りました。
ここでの目的は、新鮮なお魚を買うこと。
というのも、この日はアパートの持ち主Gilの実家で、
手巻きずしパーティーをすることになっていたので。
P1060538.jpg

小さな港町ながらに、華やかさも併せ持つ感じのこの町、
ヴァカンスのフランス人たちで町は賑わっていました。
港沿いに、大きなマルシェが立っていて、
漁師さんが釣り立てのお魚を売るスタンドもありました。
その中のひとつ、マグロの漁師さんのスタンドでマグロを、
ほかにスズキ、メカジキ、海老を他の魚屋さんで買いました。
P1060541.jpg


2009.08.19 Wed 14:40
南仏の海
昨日、南仏へのヴァカンスより、こんがり焼けて戻ってきました。
今回の滞在は、Nちゃんの友人カップルにお世話になり、
Toulonのすぐお隣、Mourillonを拠点に、
6日間、南仏プロヴァンスを楽しんできました。
IMG_4583.jpg

さすが南!滞在中ず?っと青空!!!
雲を見ることは一度もなかったくらい快晴!
太陽と海をしっかり満喫してきました。
まずは、海編です。



2009.08.19 Wed 12:59
海水浴
快晴の日曜日、Vannes(ヴァンヌ)の近くにある、
Saint-Gildas(サン・ジルダス)という海岸へ、
みんなで海水浴に行ってきました。
Plage1.jpg

nico父の運転する大きな車にみんなで乗って出発。
お昼ごはんと飲み物をクーラーボックスに詰めて、
こんなふうに大勢でお出かけするのって、
バスに乗って遠足行くみたいで楽しい^^

海に着いたら、まずは場所取りから。
お昼ごろ着いたのですが、まだ人の出はまばら。
日本だったら、この時間なら浜辺も人でいっぱいなんだろうけど、
フランスは日が長いのもあって、
みんなゆったりと行動するんですね。

パラソル立てて、大きなバスタオルを広げて、さっそくごろ?ん。
日本の海と違って、からっと気持ちいい。
plage_20090812055908.jpg

北に位置するブルターニュの海岸は、
快晴だったこの日も、気温はたった24度。
海に入るにはちょっと涼しすぎる。。。
足だけちゃぷちゃぷしただけで、
結局、海で泳ぐこともなく、砂浜で日光浴しただけ。
Plage2.jpg

太陽がこんなふうに波打ち際にあたると、
きらきら反射してきれい。
Plage3.jpg

大西洋を臨む、ブルターニュの海もいいけれど、
やっぱり海に行ったら、海水浴を楽しみたいし、
地中海を臨む南フランスの海のほうが太陽がもっと近くて、
夏!って感じがするし、私はやっぱり南が好きだなぁ、と思いました。
南嫌いのnicoとは、正反対なんですけどね。。。
ちなみに明日から5日間、
友人と南仏Toulon(トゥーロン)に遊びに行ってくるので、
(残念ながらnicoはお留守番です・・・)
今度は地中海の海岸をしっかり満喫してきます^^



2009.08.12 Wed 22:30
La Gacilly
今回のブルターニュ滞在で、
唯一観光に訪れた町 “La Gacilliy(ラ・ガシリ)”。
P1060516.jpg

ここラ・ガシリは、“ville fleurie(花の町)”。
フランスには、花のまちを競うコンクールがあり、
そこで優秀とされた町、村に、
ミシュランの星ならぬ、1?4つの花が与えられます。
ラ・ガシリは最高の4つ花をもつ、花の町 “ville fleurie”。
P1060501.jpg


2009.08.12 Wed 16:27
ブルターニュへ
先日ちらっとお話した通り、
nicoが仕事で手に怪我をし、
2週間の思わぬお休みができたため、
金曜日から5日間、“の?んびり” を目的に、
ブルターニュのnicoの実家へ行ってきました。
ちょうど今、nicoの妹夫妻、弟カップルも実家に来ていて、
思いがけずnicoも加わり、珍しく家族勢ぞろい、
とっても賑やかなnico実家でした。
maison2.jpg
↑↑↑お昼ごはんのあとの午後の時間を、
ここに座って、読書したりチクチクしたり・・・。
ここでしか味わえない、幸せなひととき。



2009.08.11 Tue 21:45
極細の通り
nicoの祖父母宅へ寄った帰り、
今日もお天気がとってもよかったので、
ビュット・ショーモン公園に行くことにしました。
その途中、と?っても細いひとつの通りを発見!
そこは、ビュット・ショーモン公園ほど近く、
“Passage du Plateau” という小さな通り 。
正確にいえば、パッサージュとは、
「通り」 というよりは「抜け道」 といった感じでしょうかね。
P1060359.jpg

幅1メートルほどの極細のこの通り、
一人歩いたら、もういっぱいといった感じ。
P1060361.jpg

竹がお庭にある、日本的なおうちも。
ここだけ異国な感じがしました。
P1060366.jpg

100メートルほどの短い通りなので、
あっという間に抜けてしまいましたが、
迷路を歩いている気分でちょっと楽しかったです。
パリで一番細い道なのではないでしょうか?


そして、ビュット・ショーモン公園に到着。
今日は、池の見える、丘の下の方に座って、
木陰での?んびり午後のひとときを過ごしてきました。
P1060368.jpg

こうして公園でのんびりして過ごしていると、
日本と違って、フランスって本当にゆっ?たり
時間が流れてるんだなぁ、といつも感じます。
日本にいると忘れがちですが、
必要ですよね、こういうゆとりの時間と空間。


2009.08.05 Wed 19:43
お菓子教室 ?
Coin de Table」 でのお菓子教室に参加してきました。
3回目の参加となる私ですが、
いつもこの日はお天気に恵まれ、
陽の当たる心地よい、kana_cocoさんのお宅で、
毎回楽しくお菓子を作らさせていただいています。
P1060307.jpg

今日のお菓子は、
ふだんぎのお菓子「ベイクドチーズケーキ」。
いつも私が作っているチーズケーキとは、
まったく違ったレシピのチーズケーキ、
どんなお味になるのか楽しみに作りました。
P1060317.jpg

チーズケーキをオーブンに入れたところで、
お楽しみ、kana_cocoさんのお昼ごはんの時間です。
今日は、ニンジンとアーティショーの冷製スープと、
チキンのソテー、クミンソースでした。
いつもの如く、今日もとっても美味しかったです。
特にクミンのソースがとっても美味しくて、
夏向きの爽やかな味わいの逸品でした。
そして、食後のカフェと一緒に、
先生junkoさんの “きなこのクッキー” もいただきました。
dejeuner_20090805012317.jpg

そしていよいよ、チーズケーキの試食です。
どちらもjunkoさん作のものですが、
今日作ったのものと、一昨日作ったのものを食べ比べ。
一昨日作ったチーズケーキのほうが、
生地が落ち着いて、しっとりどっしり美味しい。
軽すぎず重すぎず、いい感じのチーズ具合いに、
レモンの爽やかさが加わった、
とっても美味しいチーズケーキでした。
食べ頃は3日目くらいだそうなので、
ゆっくり味わって楽しみたいと思います。
P1060334.jpg

今日もまた可愛いラッピングをしてくださいました。
さらに、お庭のハーブのブーケのおみやげまで用意してくださり、
ルンルン気分でkana_cocoさんのお宅をあとにしました。
P1060342.jpg

こうして今日も、美味し&楽しい、
とっても幸せなひとときを過ごした私でした。


2009.08.04 Tue 18:26
お誕生日パーティー
今日は、昨日お誕生日を迎えた、
Nちゃんのお誕生日パーティーにお呼ばれしたので、
お誕生日ケーキとプレゼントを持って、
彼女のお宅へお邪魔してきました。
P1060296.jpg

このお誕生日ケーキ、
Nちゃんに頼まれ、彼女のお友達のお誕生日にも、
2度ほど作ったことがあります。
今日は、お友達のためではなく彼女本人のためなので、
張り切って新しい口金を買ってみたりして、
今までと違ったデコレーションに挑戦してみたものの、
彼女のお友達用に作ったようなシンプルデコレーションのほうが、
可愛いかったかな、なんて出来上がってからちょっと後悔・・・。
それに、苺がもう旬を超えてしまったために、
色&形のきれいな苺が手に入らなくて、
見た目的には満足なケーキにならなかったです・・・(涙)。
それでもお味は、いつも通りの日本の素朴なショートケーキになったし、
大切なのは気持ち!ということで、自分にいい聞かせておきました。


そしてプレゼント、今回は全て手作りで。
カルトナージュで作った、レターラックと小物入れ。
その小物入れに、生塩キャラメルを作って入れていきました。
マリンテイストの好きな彼女なので、
いかり柄の布地を選んでお揃いで作ってみました。
cadeau1.jpg

彼女の作ってくれた、たくさんのお料理とともに、
みんなで楽しい時間を過ごしました。
彼女もたくさんのお友達にお祝いしてもらって、
きっと楽しいお誕生日を過ごせてことと思います^^
お誕生日って、本当いくつになってもハッピーな一日ですよね。



2009.08.02 Sun 20:40
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。