2017.03.  123456789101112131415161718192021222324252627282930  2017.05.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
スイスへの旅
先週末、2泊3日でスイスへ行ってきました。
これまでnicoと出かけた数少ない旅行では、
あまり天気に恵まれたことがなかったけれど、
今回は3日間とも見事な晴天に恵まれました。
どうやら、Aitoが晴れ男なようです。
DSC_1620.jpg

今回の滞在先は、アメリカ人の友人夫妻が住む、
ジュネーブから車で15分ほどの、NYON(ニヨン)という町。
友人夫妻にしっかりとお世話になりながら、
のんびりとスイスやフランスの町を訪れながら、
子連れにはちょうどよいゆったりペースで楽しんできました。

まずは、友人夫妻の住む町、
レマン湖を望む、ニヨンのことから。
DSC_1405.jpg

シャトーを抜けると、レマン湖が目の前に広がっています。
DSC_1406.jpg

レマン湖の向こうは、フランスのアルプス山脈。
DSC_1408.jpg

ニヨンの町は、小さいけれど、
のんびりお散歩するにはいい感じの、
とっても穏やかで素敵な町でした。
DSC_1430.jpg

お散歩は常に、友人の愛犬ハニーも一緒。
どこでもリードなしでちょこちょこ歩き回る、
自由をこよなく愛するハニーです^^
DSC_1462.jpg

スポンサーサイト
2011.01.23 Sun 21:49
ケルン
昨日Aito&父とともに、無事日本へ到着しました。
心配していた飛行機も、Aitoはよく寝てくれて、
何事もなく、日本まで来ることができました。
とはいえ時差の関係で、リズムがくるってしまったようで、
今日はなんだかずっと寝ていたAito、
時差ぼけにならないことを願うばかりです。
ということで、今日から1ヶ月半、日本を楽しみたいと思います。
日本のお友達のみなさん、いっぱい遊んでくださいね♪


さて、父フランス滞在中のお話。
タリスに乗りたい、という父の希望をか叶えるべく、
1泊2日、ドイツのケルンを訪れました。
タリスに乗れば1時間半でベルギーに行けるのですが、
ベルギーには私がすでに3回訪れているので、
3時間半の道のりはAitoにはちょと長いかなぁと思いつつも、
まだ行ったことのないドイツを選んでみました。
ちなみに、このケルンへの旅も、
タリスは往復で1等、2等とそれぞれ体験^^
P1110571.jpg
↑↑↑世界遺産に登録されている町のシンボル、ケルン大聖堂

ドイツと言えば、まずはビール!
ここケルンには、ケルシュという地ビールがあって、
ここでは、ビール=ケルシュなようです。
ビール好きな父&nicoは、食事の度、休憩する度に、
このケルシュを飲んでいました。
この2日間で、どれだけのケルシュを飲んだことでしょう。
P1110613.jpg

こんな面白いものも発見しました。
ただのビールスタンドかと思いきや、そうではありません。
それぞれの椅子にペダルがついていて、
みんなでこぎながら移動できる、移動式ビールスタンドなのです。
P1110573.jpg

ドイツと言えばもうひとつ、ソーセージ!
フランスではソーセージってあんまり食べないので、
美味しい本場のソーセージが食べれて幸せでした?。
P1110588.jpg

それにプリッツェル、これもちゃ?んと食べてきました^^
プレーンな塩のついたプリッツェルも食べたけど、
この甘いタイプのも美味しくて気に入りました。
P1110591.jpg

食べる話はこれくらいにしておいて。。。

2010.09.10 Fri 21:51
リヨンのおみやげ
リヨンで買ってきた、おみやげ。。。
甘いものばかり、どれも食べてみたかったもの。
P1110564.jpg

私が一番楽しみにしていたのが、「Bouillet」 のマカリヨン。
“Macaron” と “ Lyon” を掛け合わせた名前のこちらは、
マカロンをチョコレートでコーティングしたもの。
これを楽しみに、「Bouillet」 の本店まで足を運んだものの、
6種類あるはずのマカリヨン、私が行ったときには、
アプリコットのみが4個残ってるだけでした…(涙)。
ショコラやキャラメルなど、他の味も食べてみたかったなぁ。
P1110550.jpg

マカリヨン、想像していたよりも軽い感じでした。
アプリコットの甘酸っぱさと、ビターなショコラが
お口の中でいい感じに広がり、とっても美味しかったぁ。
P1110555.jpg

ブイエでは、日本へのおみやげにショコラも買ったのですが、
うっかり者の私は、フランスの涼しさで、
まだまだ続く、日本の猛暑のことをすっかり考えず、
ショコラをたくさん買ってしまったのでした。
無事日本まで持って帰れるのだろうか…、
と今さらながら不安になってきた私です。。。

続いて、リヨンが誇る老舗のショコラティエ 「Bernachon」。
フランスの美味しいものなら、大抵はパリでも買える中、
このベルナションのショコラだけは、
ここリヨンでしか買うことができません。
普通のショコラティエは、クーベルチュールチョコレートを
ブレンドして使うことが多いのですが、
ベルナションは、自らカカオ豆を仕入れ、
クーベルチュールから作る、という徹底ぶり。
そんなこだわりのショコラだけに、ここリヨン本店でしか、
買うことのできない、貴重なショコラなのです。

ここでは、すぐに食べる用と日本へのおみやげ用に、
ショコラを買いました。
さっそく、カフェと一緒にいただいてみましたが、
それはそれはとっても美味しいショコラでした。
P1110739.jpg

ベルナション、サロンドテも併設されていました。
お昼を食べた直後だったので、今回はパスしたけれど、
またリヨンに行ける機会があれば、ケーキをいただきながら、
ゆっくりとお茶の時間を楽しんでみたいです。

次は、クーサン・ド・リヨン (リヨンのクッション)。
クッションのような形をした緑色のこれ、
マジパンの中に、ほろっとした食感のガナッシュが入っています。
緑色がベーシックなのですが、他にもレモンやオレンジ、
苺などもあるので、色々な味が楽しめるものを買ってみました。
これは、クーサンで有名な 「Voisin」 のものです。
P1110567.jpg

最後は、「A la marquise」 のタルト・オ・プラリーヌと、
プラリーヌのブリオッシュ。
この赤いプラリネもリヨンの名物のひとつ。
甘いけれど、これが美味しいんですよね?。
P1110543.jpg

ブリオッシュは、通りかかりに買って食べた
パン屋さんのもののほうが美味しかったかな。
2つのお店のものしか食べてないけれど、
パリで買える 「Francois Pralus」 のブリオッシュ、
これがやっぱり私の中では一番でした。

こうしてこの日も、リヨンの美味しいものを
しっかり味わえ、幸せな一日となりました。
美味しいものを食べること、やっぱりそれが、
私にとっては旅の一番の楽しみです。


2010.09.06 Mon 20:30
リヨン
今回のフランス滞在で何がしたい?と父に尋ねると、
電車をこよなく愛する父、「TGVとタリスに乗りたい」 と。
※TGV : フランス国内の高速列車
※タリス : フランス・ベルギー・ドイツ・オランダを結ぶ高速列車

行き先はどこでもいいんです、電車にさえ乗れれば。
しかも、1等も2等も乗りたいということで、
往復で両方乗れるようにチケットを手配して、
行き先は私の行きたいところを選びました。

TGVの旅は、日帰りで行ける 「美食の町」 リヨンへ。
なぜリヨンかと言えば、美味しいものがたくさんあるから。
私は以前にも一度リヨンへは行ったことがあるので、
観光は控えめにさせてもらって、
美味しいものを求めて歩いてきました。
P1110470.jpg

まずは、これもまた父からのリクエストで、
ケーブルカーに乗って(ここ大事です^^)
フルヴィエールの丘にそびえ立つ大聖堂へ。
P1110461.jpg

青空のもと、リヨンの町をしっかりと望むことができました。
P1110459.jpg

観光は以上のみ、ここからはひたすら私のお目当て、
食べることにひたすら時間を費やさせていただきました^^

リヨンといえば、「ブション」 と呼ばれる庶民的なビストロ。
Authentique Bouchon Lyonnais (本物のリヨンのブション)」
と呼ばれる組織があり、その会に参加しているのは21店。
その中の1店、「Le Mitonne」というブションでランチをしました。
P1110474.jpg

リヨンの名物 “クネル ソース・ナンチュア” をメインに、
美味しいランチをいただきました。
P1110471.jpg

ランチのあとは、パティスリー&ショコラティエ巡り。
P1110465.jpg

「Bernachon」、「A la marquise」、「Bouillet」、「Voisin」、
リヨンでしか味わえない、美味しいものを探しに行ってきました。
P1110503.jpg

「Bouillet」 の美味しそうなケーキの数々。
生菓子なので買うことは出来なかったけれど。。。
P1110491.jpg

通りがかりに買った、リヨンの名物、
ブラリネのブリオッシュをおやつにいただきました。
P1110519.jpg

お土産に買った、甘いものの数々は、
また紹介させていただきますね。

日帰りという限られた時間の中で、
しかも、ベベAitoも一緒のわりには、
思いのほか充実した時間を過ごすことができました。
お天気にも恵まれたし、TGVに乗れて父も喜んでくれたし、
美味しいものいっぱい食べて、食いしん坊な私のお腹はも満たされ、
大満足なリヨン日帰りの旅となりました。


2010.09.05 Sun 23:49
Honfleur
Aya滞在中のある一日、
ノルマンディー地方、Honfleur(オンフルール)へ、
日帰りで出かけてきました。

小雨の降るどんより肌寒いパリを朝、車で出発。
ところが、ノルマンディーに近づくにつれて、
天気はだんだんよくなってくる。
オンフルールでは、青い空が私たちを迎えてくれました。
P1080722.jpg

お昼前に着き、まずはオンフルールの
可愛い街並みをお散歩。
P1080719.jpg

小さな路地には、雑貨屋さんやギャラリー、
レストランなどが、住宅とともに軒を連ねています。
P1080737.jpg

こんな可愛い雑貨屋さんでは、
きれいなお花と可愛い猫さんがお出迎え。
P1080727.jpg

テラスの素敵なレストラン。
P1080739.jpg

心地よいお天気の中、お散歩を楽しんだあとは、
お目当てのレストランでのランチタイム♪
P1080741.jpg


2010.04.11 Sun 00:16
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。