2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- --:--
ご無沙汰してます
みなさん、ご無沙汰しております。
日本に戻り、はや半月が経ちました。
日本に着いてからというもの、
お店のオープンに向けての準備のため、
nicoは着いた翌々日から、私は4日目から毎日仕事。
そんなこんなで、毎日がバタバタで、
ブログも完全放置になってました。

引越しも未だ完了できておらず、
部屋はすでに決まっているのに、
相変わらず実家でお世話になってます。
そろそろ真剣に引っ越さないとな。。。

さてさて、お店のほうですが、
19日のグランドオープンに向けて、
13日にプレオープン、売切れ次第終了という形で、
さっそく営業を開始しました。
nicoは本当によく頑張ってくれていて、
一人で全てのパンもパティスリーも作っています。
その姿をみると、私も頑張らないとなぁ、と励みになります。
力を合わせて、いいお店にしていきたです。
DSC_2397.jpg

どんなお店かは、お店のHPが出来たので、
お時間のあるときにでも、是非x2覗いてみてくださいね。
ということで、まずは簡単な近況報告でした。



スポンサーサイト
2011.02.17 Thu 12:58
帰国を控えて
先ほど、やっと片付け&荷造りが完了しました。
計画的に進めてきたつもりだったけれど、
意外と片付けてないとこや物がたくさんあることに気付き、
ちょっと焦ったけれど、無事なんとか終わりました。
家の中はすっからかんになった今、
いよいよ本当に帰国なんだなぁとしみじみと感じ、
たくさんの思い出が胸にこみ上げてきます。

フランス語を学び、料理を勉強することを目的に、
初めての海外生活に不安をいだきながらも、
期待に胸を膨らませてフランスにやって来たのが6年前。
あの頃は、フランス料理を学ぶことしか考えていなかったし、
まさかここで結婚し、出産するとは想像もしてませんでした。

ここフランスで、色々なことを学び経験し、
たくさんの出会いがあり、
フランスにいるからこそ知り合えた友人に巡り合え、
かけがいのない時間を過ごしました。
私のこれまでの人生の中で、
これほど充実した時間があったでしょうか。
DSC_2062.jpg

私にたくさんのことを与えてくれたフランスと、
これまで私を支えてくれたフランスで出会った人たち、
日本の家族や友人みんなへの感謝の気持ちと、
たくさんの思い出を胸に刻み、明日日本へ旅立ちます。



2011.01.30 Sun 23:31
いよいよ
3泊4日、ニース旅行から帰ってきました。
今回の旅もスイス同様、お天気に恵まれ、
ニースを中心に、お気に入りの町をいくつか回ってきました。
DSC_1880.jpg

ここで旅の記録を書きたいとことですが、
帰国を目前に控え、それどとろではなくなってきたので、
また時間を見つけて、追々書こうと思います。

さて、いよいよ日本帰国まであと3日となりました。
帰国が決まってから3カ月、あれよあれよと毎日が過ぎ、
あっという間にここまで来てしまった感じです。
まだまだ残っている引越しの準備もラストスパート、
今週末で本気で一気に片付けないといけません。

今日は、日本に帰ってからのお話を少しさせていただきます。

2011.01.28 Fri 23:04
いよいよ。。。
今日、おばさまご一行は日本へ帰路へとつきました。
昨日また火山灰の影響で、ロンドンやアムステルダムの空港が
閉鎖されたと聞き、パリへの影響も心配していたのですが、
幸い問題もなく出発できたのでよかったです。
それに、出産も間近だし、案内できなかったらどうしよう…
という心配もまったく無用だったようで、
無事、パリ案内という任務を遂行できたことに一安心。
パリを存分に満喫してもらえたことを願うばかりです。
これで私も安心して出産を迎えることができます^^


さて、出産までいよいよあと数日となってきました。
(フランスでの予定日は6月1日、日本での予定日は5月20日。
フランスで出産した友人・知人の話を聞いていると、
たいていみんなフランスの予定日よりも
1,2週間は早く産まれてきているが多いようですし、
フランスでは「この日までに産めば大丈夫!」的な感じらしいので、
5月中には産むことになるんだろうなと思っています。)


ここまでの妊娠期間、何の問題もなく過ぎてきました。
あえて言うのであれば、足の付け根の関節が痛むことと、
便秘になることがつらかったくらい。
毎月の検診でも(フランスでは最初から最後まで検診は月1回のみ)、
言われることばは「すべて順調!」のひとことのみ。
さすがにここ数日前からは、どの向きで寝ても、お腹が重たかったり、
寝返りを打つのも、腰が痛くてつらかったりで、
熟睡出来なくなってきましたが、それ以外は元気です。
伯母たち滞在中も、一日中歩き回れたくらいですからね。

妊娠中期で注意された体重のことも、気をつけていたので、
最近まではあまり増えることもなくきていました。
ところが、この1カ月の食べ歩きがさすがにきいたようで、
なんと一ヶ月で3kg増!
ラストスパート、最後の2カ月は一気に増える、
と聞いてはいたものの、ちょっと増えすぎました。
今さらながら、調子にのって食べ過ぎた…と後悔。
そんなこんなで結局、今現在で9kg増。。。
8kg以内で抑えようと思っていたのにな。。。
といっても、今さら遅い。。。
産後は一日でも早く戻るようにがんばります!

それから、後悔というか、できなかったことがひとつ。
それは、お腹のベベへの話しかけ。
名前を決めたほうが呼びかけもするんだろうな、と思って、
性別が分かった時点で名前も決めたのに、
なんだか自分に照れてしまって、話しかけられなかった私。
妊娠しても、自分が母親になる、という実感には、
欠けていたような気もするし、そいうのもあったんだけど…。
それに引き換え、nicoはといえば、毎日x2ことあるごとに、
べべの名前を呼びながら、何かしら話かけていました。
お腹の中にいても、こういう気持ちってきっと伝わっているんだろうな、
と思うと、もっともっとお腹にいるうちから、
べべと会話しておけばよかったな、って今さら思うんですよね。
今からでも遅くないし、出産までべべとたくさんお話しようと思います。

これからは毎日、今か今かとドキドキと過ごしていくことになりそうです。
お腹の張りすらほとんど感じたことのない私なので、
陣痛の痛みを考えると、ちょっと怖いですが、
べべに会える日を心待ちにして、残り数日の妊婦ライフも、
元気に楽しく過ごしたいと思います!




2010.05.18 Tue 19:52
嬉しい出来事
今日は嬉しいご報告をさせていただきます。
私、妊娠いたしました。
今は妊娠3か月、まだまだ安定期に入るまでは、
安心はしていられませんが、
このまま順調に育っていってくれることを願うばかりです。


フランスでは、エコーでべべの姿を見られるのは、
12週、22週、32週(たしか・・・)と3回のみ。
※産婦人科の医師がエコーの機会を扱わず、
エコーはエコー専門のキャビネに行くので、
診察の度にエコーを見ることはできません。

待ちに待った、初めてのエコーに昨日行ってきました。
べべの姿をこの目で確認し、心拍も聞くことができて、
妊娠が発覚してからずっと抱えていた不安を、
無事解消することができました。
今は、べべへの愛おしい気持ちでいっぱいです。


10月に入ってからというもの、ブログの更新が
すっかりスローペースになっていたのもつわりが原因。
7週に入った頃からつわりが始まり、
最初は何も食べられないし、水を飲むのもやっと、
という状態でしたが、それも幸い1週間ほどで落ち着きました。
こんな日がず?っと続いたらどうしよう、と思っていましたが、
そんなときも、子どものいる友人たちからあたたかい言葉を
いただいたりしながら、元気をもらうことができました。
その後は、順調に少しずつ食欲も回復し、
今ではもうすっかり食べらるようになり、
100%今まで通り、とはまではいかなくても、
元気に毎日過ごしています。


妊娠すると、すっぱいものが食べたくなるとか、
同じものばかり食べたくなるとか、食の嗜好が変わる、
ということは聞いていましたが、本当なんですねぇ。
私の場合は、日本食を始め、アジアごはんばかりが
食べたくて仕方ないんです。
今までの食生活では考えられない日々です。
基本は、フランスの家庭料理、
主食はもっぱらバゲット、外食するのもフレンチ、
と、フランスごはんをこよなく愛していた私ですが、
つわりが始まってからというもの、
毎日の食事は、これまではたま?にしか食べることのなかった、
白いご飯とおかず(和食か中華)、といった感じの毎日。
外食も、和食、中華、ときには韓国料理やタイ料理、
といった具合にアジアごはんばかりです。
そんな状況なので、ここが日本だったら、
どれだけ幸せでしょ?、なんて思う今日この頃です。


そして、もうひとつ変わったことは、甘いものを一切欲しないこと。
これは、かなりありがたい変化です。
甘いものを食べないことと、食事が変わったことのおかげで、
最近、ちょっとだけ痩せました?(嬉)!
この調子でずっといってくれるといんですけどね。


マタニティライフは、まだ始まったばかり。
初めてのことばかりのうえ、ここは日本ではなくフランス、
不安なこともたくさんあるけれど、
先輩ママの友人に助けてもらいながら、
ゆったりとマタニティライフを過ごしていきたいと思います。


2009.11.07 Sat 17:31
プロフィール

nonnon

Author:nonnon
2011年2月、6年間のフランス生活を終えて帰国しました。
フランス人夫&息子との日々の記録を中心に綴ってます。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。